moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

2017年7月24日に当ブログを開設しました。それ以前の約半年分はinstagramの記事を一部加筆修正し転載しています。写真や文章の一部にまだ不備があるかもしれません。これから整えていく予定です。どうぞよろしくお願いします。

IMG_2745
自動制御されている車のエアコンが温風を吹き出す季節になった。モイ47回目の通院。東京は連日の雨で師走並みの肌寒さ。でもモイはこの一週間なんだか元気がよく、ウニと鼻息を荒くしながら追いかけっこをしているシーンをよく見かけるようになった。
IMG_2753
このところ病院は少し混んでいて先週ほどではないが今日も1時間待ち。午前の診察時間のなるべく最後の方に行っているが、それでも後から来る人もいて、なぜかその人達に順番を抜かされ、昼休みに食い込んだ午前の最後に回されているようだ。体重測定、血液検査、超音波検査、それらの結果を受けての処置、と毎回丁寧に診察してもらっているからだと思う。
IMG_2757

【超音波検査】
今日も腎臓は左右とも綺麗。腸の影もさらに薄く見え、クールな先生から久しぶりに笑みがこぼれた。「調子がよさそうですね。少なくとも進行している感じはないですね。」と。文章だと伝わりづらいかもしれないけれど、こういうやりとりから生まれる安堵感たるや。

【血液検査】
  • BUN(尿素窒素)  29.3(前回 24.6)
  • CRE(クレアチニン)  2.2(前回   1.9)
腎臓の値はまた少し上昇してしまったが、長い目で見ると過去の変動の範囲内という見解。
  • WBC(白血球総数)8400(前回 4400)
  • 分葉好中球     5628(前回 2600)
  • リンパ球      2268(前回 1400)
白血球はだいぶ増えていた。抗がん剤投与にも問題はないということで予定通り自宅投与用のクロラムブシル3錠を処方してもらった。
IMG_2764
帰宅後、15時半から絶食、17時半に制吐剤セレニアを挟んだ輸液、18時半過ぎにクロラムブシルを3錠経口投与(1錠ずつ立て続けに3回。そのうち2回は一度吐き出されてしまったのでドキドキしたがなんとか成功)。先ほど19時半に餌を解禁しドライをひと口食べた。2~3時間経てば抗がん剤が胃から腸へ降りていくであろう。それまで吐かないでねえ。それを見届けるまでが抗がん剤投与日の任務。あと1時間だあ。

今日のエコーを見た時の先生の笑顔も、白血球の値も、その後クロラムブシルを投与したことも含め、あの一度寛解した7月31日の前週7月24日の状況に似ている。 これがもしデジャヴなら来週まで覚めないでほしい。そして来週の診察で再寛解となればこんなにうれしいループはない。ただそんなに都合よくはいかないだろう。そんなつもりでいよう。少しも油断することなく過ごす日々には変わりがない。
IMG_2770
IMG_2772
入院し、初めて抗がん剤を投与し、インスタグラムでフォロワーの皆さんに告白したあの日から9ヶ月が過ぎた今日の記録でした。

ひと月ほど前にもここでも軽く触れたことがある猫の炎症性腸疾患(IDB)について、詳しくまとめられたサイトがあったのでメモとしてここからもリンクしておきます。
猫のIBD
すごく専門的なので獣医師の方が書かれたのかなと思ったら愛猫を亡くされた一般の方が作られたそう。例えば食事療法のページだけでもとても詳しく参考になる。愛猫を思う熱量が伝わってきます。

嘔吐や下痢、食欲不振、体重減などが気になる猫と暮らす方は一読されるとよいかもしれません。
IMG_2471
モイですが、先週は便の状態がよかったのに、今週また少し軟らかい部分が混じるようになってきて、今朝は半分くらいが軟らかかった。お尻の毛も少し汚れた。食事などに大きな変化はないはずなのに嘔吐も含めなかなか落ち着いてくれない。

IBDが悪化し消化器型リンパ腫になることがあるらしいことは前にも紹介しましたが、その逆、リンパ腫のがん細胞がなくなって腸の炎症だけが残る可能性もあるのかなあという素朴な疑問はこのひと月ますます感じていて、来週またモイの腸の様子が変わっていないようであれば主治医にその辺の疑問も投げかけてみようかと考えているところです。
IMG_2474

毎秋、仙台に3泊する仕事がある。この時期にモイがどんな状態でいることになるのか、随分前から不安だったけれど、どうやら妻ひとりで留守番できるくらいには元気でいてくれそうだったので、安心して仕事に集中できた。

旅に出る直前の金曜の昼に皮下輸液を180mlと普段の1.5倍の量にした。妻ひとりでは輸液は難しかろうと土日休んでもなんとか持たせる作戦。ところが器用な妻は日曜にはひとりで輸液をやり遂げた。サプリと薬は連日経口投与できたそうだ。日曜日は丸山ワクチンを1日置きに輸液に混ぜる日だったのでがんばってくれたのだろう。

さて、今朝、仙台から始発の新幹線で帰ってきた。9時には家に着いた。今日はモイの通院日。いつも11時頃家を出ているので2時間くらいは再会の喜びを分かち合えた。ただモイは昨夜遅くから絶食をしていてすごくお腹を空かしていた。「パパ、帰って来たなら食べ物ちょうだいよ」と言わんばかりにゴロニャ〜ゴロニャ〜とスリスリしてくる。これで帰宅早々キャリーケースに入れて連れ出したらなんだかバツが悪い。

IMG_2156
往路

今日は9回目の免疫細胞療法の採血。モイを数時間預け鎮静下で採血してもらう。絶食はそのためだ。モイが大人しく鎮静剤なしで採血させてくれたらなあ。絶食もせず、鎮静剤も使わず、預けることもなく、パッと血を採って終わりなのでかなり負担も少なくなるのになあ。

【超音波検査】
エコー画像の様子は腎臓も腸もほとんど変化がなかった。腸には依然としてうっすらと黒い影が映っている。ほんとなんでなくなってくれないんだろう。

【血液検査】

鎮静下でついでに血液検査を。
  • BUN(尿素窒素)  24.6(前回 28.4)
  • CRE(クレアチニン)  1.9(前回   2.1)
腎臓の値はいい傾向に。BUNがどんどん下がってきた。CREも少し下がってあと0.1下がると基準値に戻る。
  • WBC(白血球総数)4400(前回 8000)
  • 分葉好中球     2600(前回 4560)
  • リンパ球      1400(前回 3040)
抗がん剤から一週間後なので白血球は少ない。前々回のクロラムブシル一週間後と同じような減り方。この状態で免疫細胞療法用のリンパ球を採血したわけだけれど、前回も同じような状態からけっこう増えてくれたので今回も期待したい。

IMG_2177
復路

今日は鎮静剤が深くなかったのか、帰路もしっかりした顔つき。帰宅後にボーっと口が半開きになることもなさそうだ。ただ今日は待合室での待ち時間が2時間近くと過去最長だったので流石に少し疲れたね。俺も旅帰りでヘトヘトだったけれど、モイのことを思うとバテてはいられない。









一昨日インスタグラムで毎日の投薬が大変だと書いた。励ましのコメントの中に「薬の準備中に猫が隠れてしまわないように先に抱っこして片手で準備します」というようなコメントも。モイの投薬にもそれが可能か薬の準備風景をビデオに収めてみた。うん、とてもじゃないけど難しそう。10倍速で1分ってことは、準備だけで10分もかかってる。


  1. テーブルを消毒
  2. 薬セットもろもろをテーブルに準備
  3. 皮下輸液するリンゲル液パックをレンジで人肌に温め、口を消毒
  4. 整腸剤ビオイムバスター1Tを磨り潰す
  5. サプリメント(カバノアナタケ茶1.5ml、AHCC1ml 、センダンα0.7ml)とともに混ぜ2.5mlシリンジに吸う
  6. 2日に1回の丸山ワクチン日はバイアル(この日はB)を消毒し1mlシリンジに吸う
  7. 60mlシリンジに丸山ワクチンを移した後、18G針を挿しリンゲル液を吸う
  8. 今は毎日120mlの皮下輸液をしているのでもう1本60mlシリンジにリンゲル液を吸う
  9. 最初に打つ方のシリンジに翼状針を挿す
  10. 消化管運動機能改善剤プロナミドと胃薬ファモチジンを小皿に出しておく
  11. アルコール綿、ティッシュを用意して準備完了
  12. 輸液はダイニングテーブルの上で行っているのでテーブルも綺麗に消毒して、これらのセットを移動

お薬タイムを察知し籠城するモイ

機会があれば「いざ投薬篇」もアップしたいと思います。

輸液と投薬は今はふたりがかりでやっている(先代マルオは大人しくしてくれたので妻ひとりでも可能だった)。実は明日から3泊の出張。モイの闘病が始まって4月に1泊して以来、2度目の留守。妻とモイだけでこれらの行程、とくに輸液は難しそうだ。その分、積極的に水を飲んでくれたらいいのだけれど。サプリだけでも飲んでくれたらいいな。

3泊のあいだ、何事もなく、モイが健やかに過ごせますように。 

月曜日はモイの通院日。
IMG_1795
往路もキャリーケースから飛び出す勢いでずっと車窓を楽しむモイ。でも表情には緊張感が漂う。それは僕も妻も一緒で、毎回、病院へ向かう車中は「今日はどうなっているだろう」とドキドキしている。モイに悟られないようにいつも気を付けてはいるが、つい無口になったり。
IMG_1803
【超音波検査】
今日も腎臓の画像は綺麗。5月22日以降、影はまったく出ていない。そして腸の影は、うーん、まだやっぱりある。ほんの少し。先週よりさらに小さく薄く見えるが無くなってはいない。7月末のあの寛解した時の綺麗な腸(その時に限って腸のエコー画像が撮影されていない)を知っているだけに、やっぱりそこには何かがあるのだと思う。あの状態を知らなければ「この影って元々こういうものなんじゃないですかー!?回腸のちょうど折り曲がっているところなんで影みたいに見えるだけなんじゃないですかー!?」と言いたいところなのだが。

【血液検査】
  • BUN(尿素窒素)  28.4(前回 29.4)
  • CRE(クレアチニン)  2.1(前回   1.9)
BUNは下がったがCREが上がってしまった。まあ腎臓の値としては前回とほぼ変わらないという判定。
  • WBC(白血球総数)8000(前回 6800)
  • 分葉好中球     4560(前回 4000)
  • リンパ球      3040(前回 2100)
白血球はモイにしてはだいぶある。なので今日も抗がん剤投与は可能ということで、自宅投与用の抗がん剤クロラムブシルを3錠もらってきた。
IMG_1811
帰路、果たしていつまでこの通院は続くのだろうという思いの車内の3人。

帰宅後、先ほど18時半にクロラムブシルを1錠ずつ立て続けに3錠飲ませることに成功。今回も念のため2時間前から絶食し、1時間前に制吐剤セレニアを輸液のあいだに挟んで注射した。抗がん剤投与後もすぐに食事をあげると吐出する可能性もあるので、まだ我慢してもらっている。今、傍らでモイが「お腹空いた〜、ゴロニャ〜」と鳴いている。あと30分くらいの辛抱だよ。

一昨日のコンサートでたくさんの方に星に願いをかけていただいたから、もし今日再寛解したらドラマチックだったけど、現実はそんなに甘くはなかった。でも悪くはなってない。モイ、依然としてがんばってます。これからも応援よろしくモイです!!


 

板橋区立教育科学館にあるプラネタリウムで「同じ星を見ている 近藤研二 ギターとうたの調べ」と題したコンサート。200席ほどのチケットは3ヶ月前の発売時に1週間ほどで売り切れてしまったようでありがたいかぎり。
IMG_1650
今日モイが元気でいてくれること、それを当面の目標にしてきた。プログラムは事前に館に伝えておく必要があったが、一週間前、締切ぎりぎりまで待ってもらって決めた。モイがここに居るのと居ないのとでは、演奏したい曲も変わってくるし、同じ曲をやるにしてもまったく違った響きになるだろうと思ったからだ。まあ、それくらい、明日の保証はないつもりでいつも過ごしている。

今年はほとんどの時間をモイに費やしてきた。今日のコンサートもモイへの祈り。自分にとっての音楽は愛する人への祈りそのもの。新曲も何曲か演奏した。




IMG_1659
スタッフの皆さんと。

オーロラを投影してもらったり、流れ星を出してもらったりした。終演後のアンケートに「流れ星にモイちゃんの健康をお願いしました」という声がたくさんあってとてもうれしかった。 


12星座をあしらったモイバッジ


猫じゃらしがデザインされたポスター

多くの方々から気にかけてもらえるモイは本当に幸せ者だ。たくさんのパワーを受けてどうかこの長いトンネルを抜けて健康になってほしい。

IMG_1300
モイが行っている免疫細胞療法は自らのリンパ球を体外で約2週間かけ培養し、活性化させ増えた状態のリンパ球を体内に戻すというもの。自分の血なので一般的には副作用はほとんどないと言われている。でもモイの場合は少しだけ戻した当日と翌日くらいはダルそうになる。今回8回目だったけれど一番顕著にそれが出ているかもしれない。

先生も「少し発熱することはあります」 と言っていたが、まさに今、熱が出ているようで、耳や吐く息が熱く、鼻も赤い。呼吸も速くなっている。

よっぽど家で経口投与している抗がん剤クロラムブシルの方が副作用が出ないようにも感じる。

2週間前に通院し鎮静剤を打ち採血し、今日また通院して昼のあいだ預け点滴で戻した。今回のリンパ球は約3億個弱まで増えたということだったけれど、その通院分の負荷を差し引いても有益になるくらい、その免疫ソルジャー達にはがんばってもらわないといけない。

期待してるよ!

 IMG_1302

8回目の免疫細胞療法。2週間かけ培養したリンパ球を戻しに病院へ。この病院へ通うのは今日で30回目(他の病院も合わせると44回)。車窓がなかなかよい。モイの目線で見るとこんな感じかな。


通院自体に少し余裕が出てきたのでこんな動画も撮ることができた。春は桜並木が綺麗だったけれど、また来春、その景色を見る前に病院は卒業していたいところだ。もちろん病気を治して。
IMG_1267

今日は抗がん剤を投薬するわけではないので、腎臓の値は気になるところだが、血液検査はしなかった。毎週毎週、血液検査のために首の静脈から採血するのも可哀想だし、少量とはいえ血ももったいない。

IMG_1271


【超音波検査】

エコーは通院する度にほぼかかさず見てもらっている。画像診断しやすいところに病巣があるのはラッキーとも言える。

抗がん剤クロラムブシル投与からまた一週間が経ったので、少し期待していたのだけれど、残念ながら今日も回腸にある黒い影は消えていなかった。ただ先週よりさらに薄くなっているようには見えた。プローブをあてる角度によっては腸壁の正常な5層構造が繋がっているようにも見える。先生は黒い影が映る角度をあえてがんばって探し出しているようにさえ思える。

7月末に病巣が確認できなくなり一時的に寛解状態になったものの、5月あたりから一貫して腸の病巣は悪化することも消えることもなくずっと同じような大きさ(エコー画像で3mm幅くらい)で見えている。
53
独自にグラフ化した腫瘍の大きさ変遷

モイの病名は「低分化型B細胞型消化管型リンパ腫」だ。改めてリンパ腫の低分化型と高分化型の違いをメモしておきたい。先ず、呼び方がいろいろあって紛らわしいので整理すると、

【低分化型】=
  • High Grade
  • 高グレード
  • 高悪性度
  • 大細胞性
  • リンパ芽球性
  • 前駆細胞由来
【高分化型】=
  • Low Grade
  • 低グレード
  • 低悪性度
  • 小細胞性
  • 成熟細胞由来
注:にわかなので正確性は保証できかねます。

骨髄細胞が分化して小さくなりリンパ球へと成長する過程のどの段階でがん化したかによって分別される。リンパ芽球という比較的に早い段階でがん化したものが低分化型、それに対し成熟しリンパ球になった状態でがん化したものが高分化型。つまり低分化型はまだ発展途上なのでがんの進行も早く、高分化型は成熟しているのでがんの進行が緩やか。中分化型という中間のやつも存在する。

また、リンパ芽球が主に胸腺で成熟したものがT細胞(Tリンパ球)、それ以外の臓器で成熟したものがB細胞(Bリンパ球)と分類されるそう。

そんなわけで低分化型リンパ腫は進行が速い。「無治療での生存期間は2週間から10週間」と改めてネット検索で出てきてビビる。それゆえ病気に気付く時期も重要で気付くのが遅ければ1週間で亡くなるということもあるのだと思う。

話がまわりくどくなったけれど、そんな進行の速い病名を告げられモイが2月3月になんとか危機を脱し、その後4~5ヶ月近く同じ状態で居ることが不思議といえば不思議で、今日先生にこんな質問をしてみた。

「低分化型から途中で高分化型に変わることはあるんですか?」

先生曰く、「逆はしばしばあります。あるいは、高分化型の治療中にそれとは別のところに低分化型ができることもあります。ただ低分化型が高分化型に変わるということは僕は聞いたことがないです。通常、腫瘍は悪性度が上がることはあっても下がることはないものです。」と。さらに、「モイちゃんが体調を維持して今のこの状態を推移しているのは猫の腸に発生する低分化型リンパ腫の症例としてはあまりない展開と言えます。はっきりとは言えませんが、近藤さんが行われているサプリメントや丸山ワクチンやリンパ球療法が総合的に作用しているのかもしれません。悪性度を下げるとまでは言わなくても進行を緩める作用をしている、という印象は受けます。」とのこと。

ふむふむ。やっぱり先生もこの総力戦が功を奏していると内心思ってくれているってことかな。そうか、あまりない症例かあ。もしモイがまた寛解して、長期寛解して、数年経ち、完治と言われる日が来たら、これは先生に論文でも書いてもらわないとな。

【免疫細胞療法】
昼間モイを預け、夕方迎えに。今回のリンパ球は「3億個弱」に増えていた。この治療もどの程度効いているのか、なんとも分からないのだけど、今の総力戦でやっと腫瘍と拮抗した状態にあると考えると、何ひとつ手を緩めるわけにはいかない。モイの体力と相談しながら今後も注意深く見守っていかねば。
IMG_1286
秋分の日を過ぎ帰りは夕陽に映える並木。

IMG_1295
お約束、帰宅後のウニチェック。




東京は台風一過の気持ち良い秋晴れ。台風がモイの中の黒い影も一掃してくれたらいいのにな。

IMG_0539
病院へ通う並木道をモイはもう四十三過(別の病院への通院も含めて)。

IMG_0542
道端には彼岸花が咲いていた。冬に始まった闘病生活ももう四つめの季節だ。

IMG_0543

今日の診察メモ

【超音波検査】
腎臓は左右とも綺麗。大きさもずっと変わらない(幅40mm弱)。回腸の黒い影は相変わらずあった。
でも先週よりさらに黒い部分は薄く、左右に伸びている正常な5層構造が今にも繋がりそうにさえ見えた。ほんともう一息って感じだ。7月末に一時的に寛解に至ったのはクロラムブシル投与から一週間後のことだったが、今回もクロラムブシルから1週間後に縮小し、2週間経った今日もちゃんとそれを維持できていた。それが確認できただけでもよかった。

【血液検査】
  • BUN(尿素窒素)  29.4(先週 40.7 先々週 35.4)
  • CRE(クレアチニン)  1.9(先週   1.9 先々週   1.8)
3ヶ月ぶりに尿素窒素の値が基準値内に戻った。クレアチニンは基準値を0.1上回ったままだったが、少なくとも悪化はしていない。腎臓用の療養食と日々の皮下輸液のおかげかな。ただ尿素窒素の値は食事や血便の影響で変動することもあると先生。実際、ここのところまた下痢になっていて、少し潜血を疑うような赤みがかった便が出ていたので、そのせいかもしれないが、ん?それで基準値に戻ったんだろうか?ま、結果オーライではあるが、引き続き注意深く見守らなきゃ。
  • RBC(赤血球数)     616(先週 772 先々週 613)
  • HCT(ヘマトクリット値) 24.3(先週 30.7 先々週 24.4)
  • HGB(ヘモグロビン濃度)   7.1(先週   8.9 先々週  7.2)

先週は貧血が改善されていたが、今日は先々週とほぼ変わらない値に逆戻り。やはり血便になってるのかな。指標にしている鼻の色も先週はとても良いピンク色だったが、今週は少し白かったしな。(メモ:おおよそHGBの3倍がHCT)
  • WBC(白血球総数)6800(先週 4500)
  • 分葉好中球     4000(先週 2800)
  • リンパ球      2100(先週 1400)
白血球は基準値内に戻った。基準値内とはいえ低めではあるがモイにしては多い方かな。抗がん剤クロラムブシルの投与には問題がないということで、今回も自宅投与用に3錠、カプセルに入れた状態でもらってきた。
IMG_0557
今日の病院滞在は1時間強といつもに比べかなり短かく済んだ。帰りの車中でも余裕で甘えてくるモイ。今夜、自宅でクロラムブシルを飲ませる予定。これで腫瘍一過の晴天が近藤家に訪れますように。

【追記】 
先ほど 19時10分くらいにクロラムブシル3錠飲ませることができました。1錠ずつカプセルに入っているのですが、そのうちのひとつを飲ませるのに3回も失敗、吐き出されてしまって、もうちょっとでカプセルが溶けてしまうところでした。なにせ中身は抗がん剤なのでハラハラもんです。モイは少しご機嫌を損ねたのか今はスタジオに篭ってます。これから数日、強い副作用が起きませんように。

8月末頃から一週間近く続いていた吐出(食後すぐの吐き戻し)傾向が9月3日の3回の吐出でピークに達したが、ブログを書いた途端にウソのように治まった。器を高くしたのがよかったのか、他にあまり思い当たることがないので多分そうなのかもしれない。

その記事を読んだ方から「器の形状を浅いものにしてヒゲが当たらないようにするとよりよいのでは」と送っていただいた器がある。ヘルスウォーターシリーズというようで、同封された説明書に「この器にすると猫が水を飲む量が増えることがある」と書かれている。試しに水を入れモイに差し出してみたら珍しく飲んだ。



珍しくというのは、モイはここのところ腎臓の値が上がりつつあるので、毎日皮下輸液を120mlずつしている。輸液をするとそれで水分が補われてしまうので、自分ではあまり水を飲むことがなくなった。元々猫は砂漠の生き物であまり水を飲まなくても大丈夫なようだけれど、ご存知のように腎臓を悪くしたり膀胱炎になったりするのでやはり最低限の水分は必要だ。自分では飲まなくても毎日かかさず過水和にならない適正量の輸液をしていれば大丈夫と先生は言っていたが、自力でこうやって飲んでくれる分には多分悪いことはないのかなと思う。ちょっと様子をみよう。

IMG_0157
毎晩の皮下輸液と飲み薬とサプリと食事が足りなかった時用の強制給餌のセット

モイは夜になるとしれーっとどこかに居なくなる。でも抱っこしてこのテーブルの前に連れてくると観念して大人しくしてくれる。背中に翼状針を刺しシリンジ2本分のリンゲル液を流し込むのに4~5分かけているだろうか。薬の経口投与もだいぶ慣れて失敗する確立はかなり減ってきた。

IMG_0161

黄色いシリンジに入っているのが強制給餌用に調合した「退院サポート+エナジー500+オメガ3オイル」なのだが、月曜日の血液検査で腎臓の値がまた少し上昇していたので、エナジー500の替わりに同じ森乳のチューブダイエット(猫用キドナ)に替えてみた。

IMG_1477

ところが、これに替えた途端にまた下痢をするモイ。実は以前も一回試してみた時もそうだった。エナジー500とそんなには成分も変わらないのになあ。

ひと月半続いていた軟便がやっと改善していたところだったので、これでまた調子を崩さないといいなあ。

猫ってほんとデリケートだなあ。






↑このページのトップヘ