moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

2017年7月24日に当ブログを開設しました。それ以前の約半年分はinstagramの記事を一部加筆修正し転載しています。写真や文章の一部にまだ不備があるかもしれません。これから整えていく予定です。どうぞよろしくお願いします。



もともと食べ方があまり上手くないモイと、きっちり食べきるウニ。ウニが太りすぎませんよウニ!




とっても地味な動画だし、退屈すぎて途中早回しだし、とっても下半身寒いけど、とってもうれしいのでアップしちゃう。モイの大好きな遊び復活。



ウニセラピー




モイが大好きなこの椅子の背もたれ。もうブランケットで隠したりしないから、いくらでも歯形をつけていいよ、モイモイ! 

 

未明に退院後初、かれこれ4日ぶりの便(しかも綺麗なウンチ)をして少し食欲も出てきたモイ。とりあえず今は食べることが大事なので内容は気にしていられない。ニュートロナチュラルチョイスのキトンチキンだけは弱ってても食べてくれる命綱。水も飲んだし、さあ、優しい先生のとこ行こう!

今日は近所のかかりつけの病院で2回目の抗がん剤を投与してもらう予定。ここからが本番ということらしいので、がんばろう、モイ。うまく行けば、毎週木曜の昼に通院することになりそう。猫の場合、犬に比べると薬の効き方が千差万別らしいので、今日の抗がん剤がモイに効いて副作用も起きないことを祈るのみ。



ビンクリスチン投与へ。
午前の診察時間内にモイを病院に預けて午後の診療時間に迎えに行くというスケジュール。
預けた後は駅前で買い物や昼食をすませる。
昼食を取っていると入院していた病院から電話が掛かかってくる。
病理検査の結果が「低分化型消化器型リンパ腫」と確定された。
クローナリティ解析は判断がつかず(おそらくB細胞型であろうとのこと)

午後、迎えに行った際、説明を受ける
  • 腫瘍はだいぶ小さくなっている
  • 腎臓の数値もクレアチニンが正常値に戻っている(BUN値が高かったが、ステロイドの影響かもと)
  • 肝機能に異常あり。エコーでも肝臓に腫れが認められる。これもステロイドの影響か?→肝臓の薬追加
  • 白血球が少なかったので抗がん剤ビンクリスチンは本来の8割の量を投与した

毎日の心拍数、体温、呼吸数などを測るように指導を受ける。



家に帰るとちょうど同時にクロネコさんがDM便の集荷に来て、僕がいること、びっくりさせれたよ。もちろんすごく喜んでくれたモイ! 

以下、インスタをコピペしただけの文章なので後で修正予定。






退院だモイ! みなさん大変ご心配おかけしました。応援、本当にありがとうございます。これからは通院治療になります。モイの様子を慎重に見極めながら。僕、がんばるモイ!

IMG_1643
包帯を巻いたままのモイ



「お兄ちゃん、お土産は〜?」
これがほんとの#ただいモイ
モイの退院記念に#モイとウニ タグ作りました! いつまでもこんな光景を見せておくれ!

たくさんのコメント本当にありがとうございます。返信はできてませんが、全て目を通しています。励まされ、参考になる意見をいただき、なにより、すごいパワーとなってモイに届いたと思います。


結成された#近藤モイ応援団 でも、たくさんの方がそれぞれの思いを届けてくれていて、モイは本当に幸せ者です。応援団のエールを受けてまた勇ましい姿をお目にかけたい。

写真絵本『こねこのモイ』をここ数日でたくさん発送しています。事情を知らずDM便の集荷に来たクロネコさんが「今日は猫ちゃん降りてきませんね」とモイのことを口にして僕を泣かしたのは昨日のことです。いつもクロネコさんをクンクンするモイ。また来た時にびっくりさせるモイ!



おはよウニ

お兄ちゃんがいないのを分かっているようで、よくモイが座っていた場所や寝ていた場所をキョロキョロと見ているウニ。



ウニたん、今日もお留守番、頼むね。




モイに面会へ。病室のケージにはタオルが被されていて、よっぽど怖かったんだろう、人が来た気配に最初は「ウー」と低い唸り声をあげたけど、俺と妻だと分かるや目を丸く輝かせ擦り寄ってきた。
昨日から続いていた極度の緊張がお互いに少し緩んだ瞬間。
最初の抗がん剤L-アスパラギナーゼ(商品名ロイナーゼ)は昨日のうちに投与されたそうで、その後の血液検査で効果が出ている値を示しているそう!



入院後まったく餌を食べていないらしく、入院前日もほとんど食べなかったので丸二日は栄養が摂れてないことに。
妻が根気強く自宅で食べているフードを手渡ししていたらしばらくしてようやく少し食べてくれた(42粒ほど)。
これから体力との勝負でもあるからモイとにかく食べて!



4時間の面会時間フルに付き添っていたらだんだんモイもリラックスしてきて、やっぱり家族の力は何より大きいと思った。
となりのケージに来ていた方がウクレレの音楽を小さく流していたのを真似して自分もモイが最もよく耳にしたであろうアルバム「子猫のロンド」を小さく流した(エリザベスカラーがアンテナになってけっこう聴こえているはず)。ますますリラックスして、出ました、冷蔵庫の上ポーズ!
向かいのケージにはモイに似た長毛のワイルドニャンがいたのだけど、その子も家族が来た瞬間に「ニャ〜ニャ〜」と低い声で鳴き出し俺もついもらい泣き。
みんな早くうちへ帰ろう!



モイのような「グルルル」でお出迎え。今までは「ウニ」と呼びかけてもほとんど無反応だったし、だいたいのことはお兄ちゃんに任せっきり、マイペースに遊びまわる妹という感じだったけど、ひとりになった途端、格段に呼びかけに応えてくれるようになったのは、ひとりっ子の責任感みたいなものなのかなあ。不思議だなあ。


入院時のメモ、あとで書き足します。




朝一番に高度医療の病院へ。車で45分程の距離。



【親愛なる皆様へ】いつも我が家の猫達を見ていただきありがとうございます。今日はモイについて大切なお知らせがあります。3日前に血便が出てかかりつけの病院に行きました。一昨日、エコー検査をしてもらい黒い影をみつけました。今日、大きな病院で悪性リンパ腫と診断され、迷ったのですが、そのまま入院させることにしました。体調にもよりますが、明日から抗がん剤治療をしてもらうことになると思います。モイには断りを得てませんが自分のわがままでモイファンのみなさんにお伝えしています。これからは闘病日記が増えるかもしれません。そんな内容でよければこれからも応援してもらえたらうれしいです。この写真、昨夜のモイです。いつもたくさんの「いいね」をありがとうございます。



ウニにとって初めてひとりで過ごした長い1日。帰宅したら珍しく玄関に飛んで来てすりーっとしてくれた。こんなに甘えん坊だったとは。今日はウニも鳴き疲れたよねえ。みなさん、ありがとう!


 

実は昨年12月中旬から何回かモイの便が少しだけ赤いかもと思ったことがあった。
一度は写真も撮っていた。なのにどうしてもっと早く病院へ連れて行かなかったのだろうと自責の念にかられる。少し痩せた気もしていたが、この頃は妹のウニのことにも気をとられていて体重測定もしていなかった。


 
モイが水を飲む横でウニが水遊び。兄ちゃんといるのが楽しい。(編注あとで動画に差し替え)


お風呂の前で




ご近所の猫友ミュージシャン山田稔明(通称にゃま田のおいちゃん 
@toshiakiyamada )さんには昨夜すぐに報告していた。そしたら今朝早速、立川にある猫返し神社(阿豆佐味天神社)にお参りに行ってくれたようでLINEでこの写真が送られてきた。




2日続けて何しに来たモイ? 

夜になってサブの絵馬を持ってきてくれた(本物は神社の絵馬掛に)。

モイのことや明日の病院のことを思うととてつもない不安にかられて人前なのにボロボロと泣いた。先代のマルオを定期検診中の病院で突然亡くしたのは2年半前。猫が病院へ行くということには人一倍恐怖心があるんだと思う。


モイとの写真、家族写真を何枚も撮ってもらった。



 


昼に病院の先生より様子伺いの電話。
今日1日様子を見て血便が治まらないようなら、明日エコーに行きますと返答。
しかしわざわざ電話をくれるなんて今までなかったのに…と
胸騒ぎがしたのでやっぱり今日病院へ行く事に。
エコーを診てもらう。

診察の結果、腎臓と腸管に黒い影があると…。

腎臓は多発性嚢胞か腫瘍の可能性。腸管は嚢胞の可能性は無いので考えられるのは腫瘍と。
「ちょっと…あまりよくないですね…」と神妙な顔で言う先生の言葉に血の気が引いていく。
すぐに高度医療の大きい病院を紹介してもらって予約を入れてもらう。
明日は空いていなかったので明後日の日曜日の朝の予約になってしまった。

IMG_0778
ソファの下のモイとウニ
 

  
  



モイのトイレ掃除。
ウンチを便器に捨てたまま流すのを忘れていたようで、しばらくして何気なく便器を覗くと、水の底に血が広がっていた。
「えっ!」慌ててウンチをすくい上げてジップロックに入れ、モイを連れてかかりつけの近所の動物病院へ。

あいにく病院はすごく混んでいて1時間くらい待つ。
診察では先生が手袋をした人差し指を肛門へ。第一関節くらい入っただろうか。
おもわず「ニャー」と抗議するモイ。
肛門近辺には出血はなく、「おそらく大腸炎ではないか?」とのこと。
「もう少し待ってもらえればエコーで診ることも出来ますが…」と言われたが、すでに長時間待っていたこともあり、モイのストレスを考えて今日は諦めて出直すことにした。
とりあえず止血剤と抗生剤を処方してもらい「もし血便が治まらないようならエコーで調べましょう」ということになり帰宅。 


この時は腫瘍ができているなんて思いもよらなかった。 

↑このページのトップヘ