moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

2017年7月24日に当ブログを開設しました。それ以前の約半年分はinstagramの記事を一部加筆修正し転載しています。写真や文章の一部にまだ不備があるかもしれません。これから整えていく予定です。どうぞよろしくお願いします。



セカンドオピニオンとして、自然療法を取り入れている動物病院や、サードオピニオン(?)として、癌治療の論文を多く出されている獣医師がいる少し遠い町の動物病院など、東西、いろんな角度から相談に出向く日々。
もちろんモイを連れて行けたらより適切なアドバイスを受けられると思うのだけど、ストレスや負担を考えモイは自宅待機。
病気発覚後初めてモイウニだけで留守番した2日間でもあった。
今日、もう一度かかりつけの病院に行くことにします。



フィリックスのゼリーのとこばかり食べがちなのでフードプロセッサーにかけ、スプーンで補助しつつ、なんとかカロリーを適正値に持っていきたい。最近はJP和の究み腎臓サポートのカリカリも好んで食べてくれるので少し安心。



もうひとつ楽しい情報を。明けて今日10日から14日まで(5日間のみ!)経堂のcafe+gallery芝生で行われる『ポチバッジ展』にモイバッジも参加させてもらいます。歴代のバッジ8割りくらいを展示。うち一部商品以外は購入もできます。こちらも是非。写真は設営されたばかりのモイバッジコーナー。



こんなタイミングですが、PECOに寄稿したエッセイが今日公開されました。タイトルは『猫の音』。モイの病気発覚直後に書いたので少しふわーっとした文章ですが、よかったら読んでみて下さい。PECOで検索を。http://peco-japan.com/69501


そして、その記事の一番下に紹介されていますが、ヒカリエで開催中の「ネコフェス」、なんと15日から1階の大型モニターでモイ、ウニ、チミの映像を流してくれるそうです。しかも肉球ボタンを押すとモニター上で何かが起きる仕組みらしい。自分も是非この目でみたい!



うっすら雪の降る車窓を楽しみながら、モイ、4週目となる病院から帰ってきました。
とても残念ですが、腫瘍は発見時と同じくらいまでまた大きくなっていました。
先週の抗がん剤は1週目後半に投与し効果があったと思っていたビンクリスチンだっただけにとても残念です。
2回目の投与で効かなくなったのか、入院時に最初に打ったLアスパラギナーゼの効果が継続していたもので、ビンクリスチン自体は効いていなかったのか、定かではありませんが、いずれにせよ今のプロトコール(変更型ノースカロライナ州立大学プロトコール)ではこの先追いつかないだろうということになり、本来8週目に打つ予定の強力な抗がん剤ドキソルビシンをこのタイミングで打つか、レスキュープロトコールに切り替え、CCNU(ロムスチン)という、別の飲む抗がん剤で対応するか、選択が迫られました。


ただ今日は好中球(白血球の一種)の値が低く、処置できるギリギリのラインだということで2~3日延期し様子をみることに。なのでこの数日のあいだに次の手をどうするか重要な判断をしなくてはいけません。
入院した大きな病院の医師と連絡をとりあってくれましたが、その先生の見解は「猫の場合ドキソルビシンの効果は犬ほどには期待できないので、ロムスチンにするのがいいだろう。」というものでした。
ロムスチンは強力な薬なので一度飲むと3週から6週くらい間を開ける必要があるらしく、その分副作用のリスクも大きいでしょう、レスキューという響きからも察せられるように、もう他に手がない場合の処置のようです。


もうひとつの選択肢としては、抗がん剤治療をやめ緩和療法へ移行するか。これは何もしないということに近いのかもしれません。
先生は余命という言葉は決して使いませんが、「緩和療法の場合、モイちゃんががんばれる範囲で1カ月、レスキューをした場合、それがうまくいって2ヶ月」ということでした。


本当に本当に辛いお知らせになってしまいました。
ここでこれほどまでに赤裸々に書いているのは、自分の気持ちの整理のためでもありますが、なにより、たくさんの猫好きの方々が覗いてくれている場所なので、少しでも手がかりになる情報を得られたら、何か猫界の偉大な知恵、力、魔法があれば、という藁をも掴む親心からです。
本来なら無邪気な猫や家族の姿を通して少しでも見ている人の気晴らしや癒やしになればと思ってはじめたものなのに、あまり楽しい投稿ではなくなってしまって本当に不本意ですが、どうかお許し下さい。



フィンランド、北極圏、2015年2月7日 18時19分。
オーロラの光が降り注ぎ始めたのは、日本時間にすると、2月8日 1時19分、つまりちょうど今から2年前のこの時間のことでした。
モイの尻尾が揺れているかの様なその神秘的な光。モイはこの瞬間に母猫の体内に命を灯したと信じています。2ヶ月後に生まれてくるために。
今日はモイの1歳と10ヶ月の誕生日。写真絵本「こねこのモイ」の付録「こねこのモイがやってきた」にもこの出来事のことを書いています。フィンランド旅行記は
#近藤フィンランド2015 で。

 



「モイ兄ちゃんはお外に出たことあるの?」「昨日パパが豆を拾いに出た時に着いて行ったけど、すぐに抱っこされちゃった。」「なんで?」「僕がどこかに行っちゃうのが怖いんだって。僕どこにも行かないのに。ずっとここにいるのに!」 

↑このページのトップヘ