moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

2017年7月24日に当ブログを開設しました。それ以前の約半年分はinstagramの記事を一部加筆修正し転載しています。写真や文章の一部にまだ不備があるかもしれません。これから整えていく予定です。どうぞよろしくお願いします。



抗ガン剤を打った日はやはりちょっとダルいようで、昨日からずっとスタジオの椅子でひっそりと寝ていたモイ。俺もモイが嫌がらないように息を殺しスタジオで一夜を明かした。
今までに打った3種類の抗ガン剤と毎日飲ませているステロイド(プレドニゾロン)で今のところ大きな副作用が出ていないのは救い。

朝になってウニがお兄ちゃんの様子を伺いに来たところをパシャ。



モイ、帰ってきました。
帰ってくるなりご飯を食べて、綺麗なウンチをして、今は鼻をピンクにして寝ています。
黒い影は残念ながら少し大きくなっていました。腎臓も腸管のも6mmずつくらいかな。
それに腸管の黒い影は数が増えてました。
先週の抗がん剤サイクロフォスファマイドの効果が思うようには出なかったようです。今日打ったビンクリスチン(オンコビン)は先々週とても効果があったやつなので、また来週には小さくなっていることを期待したい。
なるべく取り乱さないように書いたらただの検査結果報告になってしまいました。
モイ、こんなに元気なんで、まだがんばれるよね。うまい具合にやつを追い出そうよ。一緒にがんばろう! 

写真は今朝の1枚です。



木曜日の午後、緊張と静寂の5時間。
11時までにモイを病院へ預け、その足で買い物を済ませ、ウニだけが待つ家に一時帰宅。
抗がん剤投与の前に血液検査と超音波検査を毎回やることになっていて、もし白血球減少などの異常が見つかれば治療が延期になるため、最初の数時間はとくに緊張してスマホをにぎりしめている。
今日もこの時間まで連絡がないから順調に治療が進んでいるのだろう。
目の離せない我が子がひとり少なくなるこの時間は一週間で一番眠くなる時間でもあるが、夕方に帰宅するモイに少しでもストレスを与えないように、この間に掃除機をかけ、珈琲豆を挽いておこう(これからは挽いてもらった豆だけを買うことにしようかな)。


先週の時点でエコーで見る影はかなり小さくなっていたし、一昨日あたりからさらに元気になっているので、16時に迎えに行った時点でより良い経過報告を聞けることを期待したい。ああ、ドキドキするなあ。
3週目となる今日の抗がん剤は一週目後半に(退院してかかりつけの病院で)投与したビンクリスチンで、初めてではないので少し安心だけど、前回は量を減らしていたし、使ったことがあるからといって安心できるようなものではないのかもしれない。
まだプロトコールは始まったばかり。この先の全ての薬や処置がモイに良い結果をもたらしますように。



写真は病院へ向かう際のモイ。幸いドライブは嫌いではないようだ。



今朝は一段とくつろいでいるモイ。
尻尾をビリビリさせながら寄ってきては、ゴロンと転げて撫で撫でを要求してくる。
そんな信頼関係に朝と夜10時の薬タイムで溝ができるのはなんとも切ない。
薬の後にすかさず最近お気に入りのおやつをあげてなんとか信用を回復するのでした。

さて、今日は木曜日。通院の日です。
また俺が寝巻きからGパンに履き替えるのを見てソファの下に隠れるのかなあ。
ウニのあどけなさが救い。



インスタのコメント欄で紹介してもらったアプリ「頭痛ーる」によると今日の夕方にかけ気圧が急降下し「警戒」となってます。
そんな中モイは今朝もまあまあの食欲でそこそこ元気です。




インスタグラムのフォロワーの@ch_m_814
 さんがtoi toi toiの替え歌を作ってくれた。
先日のライブでこの歌詞を紹介しようと思って読みはじめたのだけど、4行読んだところで文字が見えなくなってしまって断念した。
アンケートに「続きが気になる」「私も歌いたい」などの声がたくさんあったので 
@ch_m_814さんがインスタに投稿してくれました。しかもウチの猫総出演の動画で!
あ、あれ、また画面が見えなくなってきたー! 

オリジナルの歌詞は、うちのますみさん、佐藤雅彦さんによるものです。

 



モイですが、1月26日の抗がん剤で心配された膀胱炎などの副作用は今のところ出ていないようで、まずまず落ち着いています。ただ相変わらず食欲が戻らないので体重は5.4Kgのまま。
金曜日、少し便が赤かったので病院に写真だけ持って相談に行った。
「便の中は赤くなさそうなので小腸から来ているものではなく、ストレスによる大腸炎かもしれないですね」と先生。また「今のところ先手先手を打てているので、この調子でいけるといいですね」とも。
先生のひと言ひと言に一喜一憂する。
家ではモイが昼寝をしているだけでも不安になるし、「グルルル」と喉を鳴らし少しでもご飯を食べてくれるとうれしくなる。ネット検索し同じような闘病ブログを読んでまた一喜一憂。トイレを見張らなきゃいけないこともあるし、なかなかまとまった睡眠はとれない。


前回、モイの化学療法はCHOP療法というプロトコールだと書きましたが、それは僕の早とちりで、「変更型ノースカロライナ州立大学プロトコール」という手順で進められていました。
「歴史は浅いですが、日本で熱心にがん治療に取り組んでいる日本小動物医療センターが薦めるひとつの方法です。モイちゃんの場合投薬時に暴れる可能性もあるのでドキソルビシンをなるべく使いたくなくて〜〜〜〜」などなど説明を受けた。
今の自分にはこの選択を信じるほかない。

↑このページのトップヘ