moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

2017年7月24日に当ブログを開設しました。それ以前の約半年分はinstagramの記事を一部加筆修正し転載しています。写真や文章の一部にまだ不備があるかもしれません。これから整えていく予定です。どうぞよろしくお願いします。



「がんに勝って抗がん剤に負ける」という言葉があったのか、自分で作ったのか、もはや分からなくなってしまったけれど、昨日からまさにそんな気分だ。


リンパ腫に侵されたモイの消化器から、エコーで診るかぎり、ほぼがんは消え失せた。本来なら大喜びして梅雨時の晴れ間を見上げる余裕もあっていいはず。だけど現状はまるで違う。昨日からモイが極端に調子を崩している。日曜日まであんなに元気だったモイをこんなにぐったりさせてしまったのは自分の判断のせいだ。張り裂けそうな思いでうつ伏せに寝ているモイを見る。

月曜日に投与した抗がん剤メソトレキセート(2回目)は、本来すごく強力なものではないため、副作用もさほど心配しなくていいと聞いていた。直前の血液検査で白血球値がかなり低かったが、初回投与後の経過を振り返り、今回も投与に踏み切った。

通院当日はまだそこそこ元気もあったけれど、昨日になって徐々に元気がなくなり、気持ち悪そうで食欲が出ず、ほとんど餌を食べていない。ずっとベッドの下やクローゼットの棚の上で身を潜めている。ウニが忙しそうにフリース地のひざ掛けをモイの寝ている側に届けてまわる(モイが場所を変える度にデリバリーしているので間違いない)。

未明に1回、日中に3回嘔吐した。夕方病院へ電話し制吐剤を取りに行く。先生の診立ては、抗がん剤の副作用として起こる吐き気、下痢などの胃腸障害は、投与して3~4日後に起こりうるものなので、今回の場合は少し早すぎる。考えられるのは“化学受容器引き金帯”、つまり、薬や毒などに脳の嘔吐中枢が刺激され起きた症状かもしれない、と。前回のメソトレキセート投与時より最近は毛玉を吐いたりが続いていたので、より過敏に嘔吐につながったのではないか、と。

いわゆる一般的な抗がん剤の副作用で起きたものではないにしろ、通院し薬を投与したことで調子を崩したことには間違いなく、自分の罪悪感はその説明を聞いても減るものではない。せいぜい“化学受容器引き金帯”が“うしろ髪ひかれ隊”みたいだなと思って少しクスっと出来たくらいだ。

モイの少なくなっていたヒゲのうち、右目上の上毛がとうとう抜けてしまった。

抗がん剤をいつまで続けるのか? それが今後の大きな課題のひとつ。今現在もずっと寝ているけれど昨日よりは身を潜めてはいない。吐きも今のところ治っている。このまま良くなってくれ。モイ、がんばろう!



超音波検査中のモイ。今日で23回目。この診察台に仰向けに寝かされる時、いつも「ウー」という唸り声をあげるのだけど、俺や妻の顔が視界に入った瞬間にピタっと鳴き止んで表情が急に柔らかくなるのがなんとも愛らしい。


今日は初めて2種類のプローブを使って入念にお腹のエコー画像を見た。それほどまでに黒い影を探せなかったのだ。腸管のあちこちを隈なく調べ「多分(病巣が)あったのはこの辺ですけどねえ」と先生。「よしよし、それって寛解したってことじゃないの」と心の中でつぶやいた。でもまだそこにあったということが画像で分かるという時点で完全寛解とは言いきれないのだろう。先生からその言葉は聞けなかった。

腎臓は今回も計測なし。腸はその「多分」の箇所を測った。厚さにして2.2mmと2.8mm。正常な腸管は壁の厚さの上限が3mmということなので、厚さだけで言えばもう正常範囲内だ。あとはバームクーヘンのような綺麗な5層構造にしっかり映ればもう「多分ここ」とも言えなくなるのだろう。その日はそこまで来ている。

今日は抗がん剤メソトレキセートを投与した。白血球が4800/uL(うち分葉好中球2600)と、かなり少なかったのだけれど、メソトレキセートで起きうる骨髄抑制には耐えられるという判断だ。ただ、ぎりぎりではあるので、これから一週間ほどはまた慎重にモイの様子を見ておく必要がある。抵抗力が落ちた場合の感染症に注意しなくてはいけない。

モイのリンパ腫は低分化型(高悪性度)なので、本来極めて進行が速く、放っておくとあっという間に命を落とす。そう知ったのは1月。高分化型(低悪性度)の場合は進行が遅いので、予後の見通しも比較的よく、何年も生きられる可能性があると聞いた。

ただ低分化型の方が進行が速い分、裏を返せば抗がん剤が効きやすいということでもあるようだ(抗ガン剤は活発な細胞をターゲットにするので)。つまり効き目の合う抗がん剤が見つかりさえすれば寛解する可能性が高いのはむしろ低分化型かもしれない。そんな考え方もできる。

モイの場合はこれまで抗がん剤も免疫細胞療法も丸山ワクチンも劇的に何かが効いているという感触は残念ながらない。でも統合医療的なアプローチで総力戦でここまで一歩一歩少しずつがんばってきた。これからもあらゆる可能性に目を向けて努力していきたい。寛解まで本当にもう一息だ。がんばろうね、モイ!

IMG_1718
武士のようなモイ。車の窓ガラスが汚いのはご愛嬌。

IMG_1728
今日も帰宅時のお約束。ウニのキャリーバッグチェック。



【問】何をしているところでしょうか?(シンキングタイム 1min.)




【答】温熱療法、その名も琉球温熱! 沖縄から上京中の元バンドメイトから借りてみたさー。けっこう温かい。嫌がるかなと思ったモイも気持ちよさそうで今日は昼間も20分ほどヘソ天治療してました。

ちなみに癌細胞は42℃くらいで死滅するらしいですね。正常細胞は45℃くらいだそう。インフルエンザで高熱を出した人、またはサウナでぶっ倒れた人が癌が治ったという話を聞いたことがある。(真似しないで下さいね!)



モイ2歳2ヶ月になりました。なんだか2歳になってから時間の経つのが速い。というより2月がやたらと長く感じたんだよなあ。グッドモイウニング!

モイノート。それはモイのことを書けば書くほどモイが元気になるノート。



2015年4月18日~2017年1月14日のモイノート。モイが我が家にやって来た日から入院前日までの記録。

6174653136_IMG_1082
2017年1月15日~3月31日のモイノート。リンパ腫と診断され入院した日から激動の2ヶ月半の記録。

6174653136_IMG_1081
2017年4月1日~5月31日のモイノート。復調し2歳を迎えたこの春の記録。

6174653136_IMG_1080
2017年6月1日~現在のモイノート。カロリー計算表など汎用的なメモをノートが変わる度に写していたのでシステム手帳に。

6174653136_IMG_1087
さまざまな資料を入れてある書類ファイルも既にパンパン。

6174653136_IMG_1089
大きさ比較。一緒に暮らす時間と濃さは必ずしも比例しないことの一例。

書いているのはモイママ(@kk_ka_ko )。この5ヶ月間どこにも遊びに行かず24時間ずっとモイに付きっきりだった。今日初めて友達と街にお出かけ。楽しんできて!


35億、ウソ、3億個に増えた免疫細胞リンパ球が1日かけてモイの身体に馴染んできたようだ(いつも戻した直後は少しだけダルそうにしている。通院疲れもあるのかも)。今日はご覧のように元気にウニと遊んでます。ウニも兄ちゃんが元気になるとすぐにちょっかいを出しはじめ、モイも負けじと応戦し、取っ組み合いが始まる。少しハラハラするけれど、こんな景色が見られるのも幸せのひとつ。ちなみに怒ると(興奮すると)リンパ球は増えて、ストレス下では減るのだそうです。

.
映像は途中から早回しです。



今日は2週間ぶりの通院日。夕方迎えに行くまでまたこの町で待機。モイが元気で帰ってくることがウニへの何よりの誕生日プレゼントになるから、頼んだよ、モイ!

................................

モイ、28回目の通院。28回のうち超音波検査(エコー)をしてもらったのは22回なので、ほぼ毎回のようにハラハラしながらモイのお腹の画像を見ていることになる。最近は必ず立ち会わせてもらっているのだけど、最初に機器をあてる右の腎臓が画面に映し出されるまで本当にドキドキする。先々週なくなった黒い影がもしもまた現れていたらどうしようと。結果、大丈夫でした。腎臓は左右とも無くなったままでした。やった。


今日の腸管は「ウンチが溜まっていて評価しにくい」とのこと(笑)。いつも見ている腸管がウンチで膨らんで見えていた。ただ、病的なところはそこが硬くなるので、ウンチが来ても伸びないが、腸が伸びて膨らんでみえるということは、健康な腸管に戻ってきていると捉えることができるようだ。とりあえず後退はしてませんでした。よかった。

そして今日は、2週間培養したリンパ球を戻した。4回目にして今までで一番多い3億個に増えていた!!先生曰く「普通は抗がん剤治療と平行してやっていると、だんだんリンパ球も増えなくなるものですが、モイちゃんの場合は、若いということもあるでしょう、あと病巣が制御できているので免疫細胞の状態もいいのでしょうね」とのこと。よしよし。今度の今度こそ、この3億個の兵士たちが完全に悪いのを追い払ってくれると期待したい。本当にもう一息なのだ。

もしも今日「完全寛解しましたね」という言葉が聞ければ、ウニや嫁への最高の誕生日プレゼントになったのだけど、さすがにそこまでドラマチックにはいかなかった。でもモイ本当にがんばってる。あとちょい。



帰路、キャリーケースの中でモイ座りしているモイ

IMG_1202

1歳になっても帰宅後のお約束をかかさないウニ。



おはモイニング!

1週間くらい前から「THE JAGUAR」という英国産のドライフードを好んで食べるモイ。随分前に頂いたものだが、当時は弱っていたせいか食べてくれなかった。そうでなくても猫は好みがコロコロ変わるので、どんなものも賞味期限までは取っておくといいのかも。おかげさまで数百グラム、モイの身になりました。

↑このページのトップヘ