moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

2017年11月

春、夏、秋とずっと月曜日はこの並木道を通院している。IMG_6711
紅葉はより赤く(先週くすんで見えたのは曇り空のせいだったかも)。
IMG_6717
最近ますます家で調子がいいモイは「なんで病院また行くモイ?」な態度。
IMG_6728
【体重】一気に5.8Kg!今日はオシッコして来なかったせいもあるけど。ずっしりして毛並もいいし、見た目はホント健康体なんだけどなあ。

【超音波検査】淡い期待は今回もかなわず、やはり少しだけ厚くなった腸壁がエコーに映った。先生は「リンパ腫の治療経過としてはすごく良好」と言ってくれたが、暗にリンパ腫には本来勝ち目がないと言われているようでもあり…。

【血液検査】
  • BUN(尿素窒素)  39.6(前回 33.9)
  • CRE(クレアチニン)  2.5(前回   2.0)
2週間ぶりの血液検査。また腎臓の値が悪くなってしまった。BUNは直前の食事の影響なども出るようで毎回波があるが、CREは2.6に上昇した7月7日についで高い値になってしまった。輸液も毎日してるし、腎臓用の療養食をメインで食べてくれてるんだけどなあ。毎晩薬の後にご褒美であげる焼かつおやドライささみ(これをあげるのがパブロフ化してきて薬をすんなり受け入れてくれるようになった)がよくないのかなあ。それともクロラムブシルの腎毒性がじんわり出てきたのかな。クロラムブシルが起こす骨髄抑制などの副作用はゆっくり出て、引くのにも時間がかかるのだそう。

もうひとつ考えられる床暖房による脱水の可能性を聞いてみたら「床暖房やホットカーペット自体による脱水というよりも、そこが気持ちいいので猫は冬場はあまり水を飲みに行ったり、トイレに行ったりしなくなる。回数を減らして我慢する傾向がある。冬場に猫の膀胱結石などの尿関係のトラブルが増えるのはそのことが原因だろうと業界では言われています。なので水飲み場を増やしてみるのも手かもしれないですね。」とのこと。いろいろ勉強になる。
  • WBC(白血球総数)5900(前回 6100)
  • 分葉好中球     3068(前回 4744)
  • リンパ球      2360(前回 1073)
白血球も基準値内ではあるが、全体に低い。とくに抗がん剤投与の目安となる分葉好中球がけっこう低い(9月4日に3009の値でクロラムブシルを投与したことがあった)。今日も自宅投与用のクロラムブシル3錠をもらってきたが少し不安。副作用でぐったりしませんように。
IMG_6748
帰宅後、お約束のウニのキャリーチェックを経て、さきほど輸液に挟んで制吐剤セレニアを注入した。効いてくるのを待って、17時40分から抗がん剤クロラムブシルを3錠投与予定。経口投与はいつも妻の担当だけど毎回かなり緊張している。うまく飲ませられたら、その後最低2時間、確実に安心できるまでは約5時間、吐いてもらったら困るので注意して見守らなくては。2週間に一度の自宅での試練。でもモイはここから4日くらい軽度の副作用も待っている。がんばっているモイを見たら弱音は吐けない。ウニも含め家族一丸となってがんばるぞ。





IMG_6258
深まる紅葉を眺めながらのドライブを楽しみにしていたけれど生憎の曇り空。紅葉も見頃を過ぎたのか少し落ち着いた色合いになっていた。
IMG_6256
今日は2週間かけて培養し活性化させたリンパ球を戻すための通院。いつものように体重測定とエコーから。

【体重】5.68kg
また増えた。冬に備えこの調子で5.7か5.8くらいまで増えてもいいよ。モフモフのモイを見るとうれしくなる。

【超音波検査】
今日も腎臓は綺麗で、腸には腫瘍と思われるほんの少しの黒い影。影はプローブをあてる角度によってはあまり見えない感じだった。「なんか今日はいつもよりちょっと綺麗に見えますねえ」とうっすら笑みを浮かべながらも一生懸命に影が見える角度を探し出し静止画像で厚みを測る先生。意地悪に感じてしまうけど、病巣を見落とされるよりはいいのだろうと信じている。

リンパ球は点滴で時間をかけて戻すのでまたいつもの街で待機。今日は4時間。リンパ球を戻す際は鎮静剤を使わず、シラフの状態でカテーテルをさされ、入院室にあるいくつかのケージのひとつに多分入れられているだろうモイにとって、この4時間はどんな時間なんだろう。がんばってるなあ、モイ。

夕方迎えに行く。

免疫細胞療法は通算10回目だったが、今日は6000万個とあまり増えていなかった。初回に1900万個と増えきれなかった以外は2回目以降かならず億単位に増えていたのだけど、どうしたんだろう。「体調がものすごく悪いと増えないこともあるのですが、今むしろ体調はいい方ですし、今回あまり増えなかったことにとくに大きな意味はないと思います。リンパ球も生きている細胞ですし波もあるでしょう。」と先生。
37
自分で作ったエクセルの表

通常は1億個が目安で2億個になったら増えたなあという印象らしい。そういう意味で今回は平均以下だったわけだけど、よし、ここはポジティブに捉えて、リンパ球ソルジャーの精鋭部隊が6000万個揃ったという解釈にしよう。そうだ、そうに違いない。
IMG_6291
いつもリンパ球を戻した日は微熱が出るのか鼻を赤くしダルそうにしているモイだけれど今夜は数が少ないから発熱もないといいなあ。
IMG_6299
おかえりお兄ちゃん
IMG_6298
帰宅後のキャリーバッグチェックをかかさないウニナース
IMG_6295
早く遊ぼ




毎週月曜日に車窓から見る並木。モイのおかげで紅葉が進むのを定点観測できて楽しいな。でもどんなにモイが一週間を元気に過ごしていても、病院へ向かう時の緊張感は毎回変わらない。知らぬ間に病状が急変していて、いつ突然ツラい診断がくだされるか分からないし、実際1月末にそんなこともあったので、あれが教訓になって、片時も油断しないような生活をこの10ヶ月送ってきた。
IMG_5400
【体重】5.66kg  今朝ウンチをしてきたのにこの体重だからけっこう増えてる。
IMG_5407
【血液検査】
  • BUN(尿素窒素)  33.9(前回 26.6)
  • CRE(クレアチニン)  2.0(前回   2.1)
腎臓の値、BUNがまた基準値より上がってしまったが、CREは少しずつ下がっていて、もうちょいで基準値内。先週は半日絶食後の血液検査だったのでBUNも良好だったのかも(今朝は少しご飯を食べてからの血液検査だった)。
  • WBC(白血球総数)6100(前回 6500)
  • 分葉好中球     4744(前回 4095)
  • リンパ球      1073(前回 1950)
リンパ球は基準値より少ないが、分葉好中球がそれなりにあるし、白血球の総和も基準値内なので自宅投与用の抗がん剤クロラムブシルを3錠、いつものようにもらって帰ってきた。
IMG_5409
【超音波検査】今日もほぼ変らず。腎臓は左右とも綺麗で、回腸の一部は依然として少しだけ黒く、他のところより1~2mm厚かった。

【IBD(炎症性腸疾患)のこと】
あまりに長期間、腸の様子が変わらないので、ここでも何回か書いたIBDの可能性について先生に質問してみた。

疑問:IBDとリンパ腫はすごく似た症状。IBDからリンパ腫になることがある。では、リンパ腫からIBD、つまり腫瘍細胞はなくなっていて炎症だけが残ることはないのか?

先生の見解:多分それはないです。確かにIBDからリンパ腫になるケースはありますが、逆はないと思います。まずIBDだとしたら腎臓へは転移しない。それと超音波検査しても腸の構造は比較的綺麗に見える。分厚くもならないし、5層構造も見える。ただ内視鏡で細胞を採ってみると異常にリンパ球が集まっていた。これがIBDの症状です。長期間、拮抗状態が続いているモイちゃんの腸に炎症だけが残っているという可能性もなくはないですが、層構造は少しの変化とはいえ、厚くなったり薄くなったり変化していますので、多分そこに腫瘍細胞はまだあると思います。

提案:IBDの治療にステロイドが有効という記事を読んだが、モイにこのタイミングでまたステロイドを試すという考え方はないか?(1月から3月中旬までプレドニゾロンを飲んでいた)

先生の見解:また再燃して腫瘍が大きくなってきたらもう一度試すという選択肢もあると思いますが、今は拮抗状態ですので今の治療を続けるのがいいと思います。たまたまですが、今行っているクロラムブシルと免疫療法を交互にやる治療法はIBDの治療でも行われる治療です。ステロイドが効かない、あるいは効かなくなってきた時に、より炎症を抑える薬としてクロラムブシルが使われることがあります。

だそうだ。

普段はクールな先生だけれど、ひとつ質問すると、すごく丁寧にスラスラと見解を示してくれるのでとても頼もしい。

とりあえず今の拮抗状態が続いている間は今の治療を続けるということになったが、いつ拮抗状態が崩れるとも限らないので、やっぱりまだまだ油断はできない。こんなに元気なのになあ、モイ。モイが元気でいてくれる毎日、おだやかに過ごすことができる日々にいつも「ありがとう」という気持ちでいよう。

「リンパ腫は、稀にですが、根治することがあります。」という今日の先生の言葉が頭から離れない。じゃあ、その「稀に」をモイが起こせばいい。稀という言葉には偶然のようなニュアンスを感じてしまうけれど、努力すればきっと稀も、より現実に近づくと思う。だから、がんばろう。
IMG_5435
ウニもずっと応援してくれている。

さっき制吐剤セレニアを皮下輸液にはさんで注入したので、このあと17時40分くらいから抗がん剤クロラムブシルを3錠、モイに飲んでもらいます。がんばろうね、モイ。

IMG_4759

11月8日で2歳と7ヶ月になったモイ。闘病生活が始まってもうすぐ10ヶ月。通院は50回。よくがんばってるなあ。最近はとくに元気で、毎日2~3回はウニと追いかけっこやプロレスごっこをしている。

そのとばっちりを僕や妻が受けることもある。風呂場遊び(磨りガラスの扉越しにじゃらすやつ)も激しい。嘔吐もほとんどないし、便の調子もよい。

ひょっとして通院日以外の週6日間は実は完全寛解していて、ナゼだか通院日の月曜日だけ黒い影が出てきてしまうという難病にかかっているんじゃないか!?と疑いたくなるほどだ。これだけ元気なのでせめて通院を隔週、ゆくゆくは3週に1回、月1回、と減らしていきたいところだけど、9月以降ここのところは抗がん剤と免疫細胞療法を交互に行う独自プロトコールで毎週病院に通うようになっている。
  • week1 エコー、血液検査→問題なければ自宅で抗がん剤クロラムブシル3錠
  • week2 前夜から絶食、エコー、鎮静化で免疫療法採血(培養開始)、血検することも
  • week3 エコー、血液検査→問題なければ自宅で抗がん剤クロラムブシル3錠
  • week4 エコー、免疫療法のリンパ球戻し、血検することも

この4週サイクル。これ以外に自宅で皮下輸液とサプリを毎日、丸山ワクチンは隔日で投与している。
IMG_3179
この写真は11月1日のモイ。体重は5.6kg。夏に一時は5kgを割ったことを思うとだいぶ復調してきた。1月の入院前が5.85kg。2泊3日で退院した2日後には5.42kgまで一気に落ちていた。ちなみに満1歳時の体重をベストとする説がある。モイの1歳時は5.4kgだったので退院後や今はほどよい状態なのかも。で、1歳時の体重から15%以上太ると「肥満」になるのだそうだ。モイが6.21kgを越えたら注意が必要ってことか。

話があっちこっち行ってますが、上の写真の寝相は床暖のせいでもある。冷えはがんの大敵なのでずっと温めておきたいところだけど、脱水状態にならないかは心配。10月30日の血液検査で腎臓の値が悪化したのは、その前の一週間、食事量が少し増えたからかなと考えていたが、ひょっとしたらこのような状態からの一時的な脱水があったのかもしれない(憶測ばかりですが)。あとは先生が言っていたように血液検査前半日の食事内容が影響することもあるようだ。

IMG_4691 (1)
4週間に1回、鎮静剤で眠っている間に首の毛を刈られるモイ。採血時に血管確保しやすくするためだ。血液検査やリンパ球採血でほぼ毎週のように首から採血しているが、人間だって毎週のように首に注射針をさされたらツラいよねえ。モイ、ほんとがんばってる!
IMG_4687

IMG_4691
遊びモードで目が真っ黒なモイ。
IMG_4733
あと、最近、夜中にベッドの足元に来てくれるモイ。昨日今日と朝まで足に添い寝してくれた。毛もだいぶフサフサしてきて髪型がまたキダタローっぽくなってきた。これが浪花のモイツァルト!

IMG_4746
 
 

IMG_4518
1月12日に血便に気づいて近医に駆け込んでから今日で50回目の通院(2泊3日の入退院を1として)。がんばってるなあ、モイ。今日は10回目になる免疫細胞療法のための採血がメイン目的。採血時は鎮静剤を使うので昨日の深夜1時から絶食している。お腹が空いているからか、今日は行きの車中では少しおとなし目だった。
IMG_4530 (1)
【体重】5.56kg  先週の後半、抗がん剤の副作用(多分)で食欲が少し落ちたので少し減ってしまった。

【超音波検査】今日も大きくは変らず。腎臓は綺麗で腸管には少しの影。5層構造がうっすら見えているのでいい傾向ではあるようだ。それにしてもなかなか無くならないなあ。

【血液検査】免疫細胞療法のための採血を利用して腎臓の値だけ診てもらった。
  • BUN(尿素窒素)  26.6(前回 40.5)
  • CRE(クレアチニン)  2.1(前回   2.4)
どちらもこの1週間でだいぶ下がってくれた。BUNは基準値内。CREは基準値を少し上回る値。前回がたまたま脱水状態だったのか、直前の食事の影響が出ていたのかもしれないとのこと(検査前の半日は食事をしない方が正確な値がとれるらしい)。いずれにせよ、どんどん悪化しているというわけではないので様子みでいいでしょうと。

鎮静下での採血のためにモイを預けいつもの街で待機。
IMG_4537
日が短くなってきたので迎えに行ってうちへ帰る頃には暗くなってしまった。
IMG_4543
IMG_4546
IMG_4548
IMG_4553
50回目にして初めて夜のドライブとなったモイ。まだ鎮静から完全には覚めていなかったけれど、モイの目にはこの景色がどう映ったのだろう。
IMG_4560
IMG_4561
IMG_4562

 

IMG_4198
モイが抗がん剤クロラムブシル投与から約3日後に嘔吐しているという検証データを2つ前の記事で書いた。先週の通院時に先生にそのメモも渡した。そのメモを見ながら「確かに70時間後くらいの嘔吐が目立ってますねえ。クロラムブシルは1日置きに1錠ずつというような飲み方をすることが多いのですが、今はまとめて3錠飲んでいますので、他の抗がん剤で3日から4日後くらいに副作用が起きやすいのと同様のことが起こっていると考えられます。」と先生。前々回は嘔吐が副作用から来ている可能性を否定されたがこの検証データでそれを覆した形だ。
IMG_3247
さて、今週も月曜日の夕方6時40分頃、モイは自宅でクロラムブシル3錠を飲んだ。今、ちょうど丸4日(96時間)が経ったが今回はまだ吐いていない。5月からクロラムブシルを投与しはじめて今回8回目にしてはじめて50時間~90時間内に一度も嘔吐がなかったことになる。ただ、副作用が完全に起きていないかというとそういうわけではなく、昨日はやはり少し気持ち悪そうで、夜はかなり大人しくなってずっと椅子の上で香箱をくんでいた。食事の摂取量も減った。吐くほどの副作用ではなくなったということなのかもしれない。副作用がないということはもちろんうれしいことだけれど、抗がん剤が効かなくなりだしたことの裏返しかもしれないので素直には喜べない。とにかくモイの身体から悪性腫瘍を追い出すまでは片時も油断はできない。
IMG_4259



↑このページのトップヘ