猫の抗がん剤はだいたいのものが投与後2~3日で代謝されるみたいで、だからその間はトイレ掃除にも気をつけないといけない。尿や便で排出される可能性があるからだ。

副作用はヒトが打つ抗がん剤よりはとても少ないのだそう。というより、副作用が強く出るほどの量を動物には投与しないのが普通らしい。推測だけど薬を意識できる、できないの違いもあるのかな。QOLを尊重するとかそんな話にもなるのだろうか。

副作用の出方は薬の種類によって様々だけど、代表的な骨髄抑制(抗がん剤は細胞分裂が激しい場所に作用するので最も細胞分裂が激しい骨髄は当然ダメージを受け、結果としてそこで作られる白血球も少なくなる)は投与後1週間から10日くらいでピークになるのが一般的なようだ。その後は回復してくるが、前にも書いたように、腫瘍細胞より正常細胞の方が回復が早いという前提で、腫瘍がまた猛威を振るいだす前に次の抗がん剤を投与しどんどん追い詰めていく、というのが抗がん剤治療のセオリーだそうだ。

モイが最後に投与した抗がん剤からもうひと月が経った。普通なら抗がん剤の副作用も解消されて白血球も十分戻っていてほしいところだけど、月曜日の血液検査でもまだ戻りきっておらず基準値を少し下回る辺りで行ったり来たりしている。そしてヒゲはこのタイミングになってもまだ抜けている。

これらの様子を見て「モイちゃんは一般的な猫より白血球はもともと少なめで、抗がん剤の<感受性>も強いのかもしれないですね」と先生。薬の効き具合のことを感受性というそうだ。その時の話だけでは効果が持続するということも含むのかどうかは分からなかったけれど、ここはポジティブにとらえ、このひと月休薬しているにも関わらず病巣が制御されたままであることもその感受性のおかげとしておこう。ヒゲも抜けているんだから抗がん剤も効いててくれないと割が合わない。

腎臓の数値が高くなった原因を突きとめるべく、今週は腎臓サポートなどの療養食のみに徹していたが、急に全取替したからか、ここ2日ほど下痢になってしまった。低たんぱく質の分、高脂肪なことが要因になっているかもしれない。ただ気になるのは、少し血便も混じっているようだ。餌を変えただけでそこまで便の状態が変わるのは変な気もする。整腸剤ビオイムバスターを1日2錠に戻してもうしばらく様子をみよう。

心配ごとはつきないけれど、モイ、一緒にがんばろな!