月曜日に投与した抗がん剤ドキソルビシンの副作用がけっこうきつく出ているようで、食欲が落ち、嘔吐も続き、便もゆるいことが多く、モイにとっては耐える一週間になっている。3月くらいまでは基本が弱った状態だったので、薬の副作用でそうなっているのか、はっきりしないことも多かったけれど、ここ最近は普段の調子がよかったただけに、調子を崩した時とのコントラストが強く、如実に副作用で弱っていることが見て取れる。


先週あんなに元気だったモイにまた辛い思いをさせてしまって本当に胸が痛む。やはり抗がん剤はとても怖い薬だ。毒を持って毒を制しているようなものなので。体調や血液の状態を診て慎重にタイミングや投薬量を判断しないと命取りになりかねない。もちろん重々承知で紙一重の戦いをしてきたからこそ、部分寛解にまで持ち込めたのだと思う。あともう一息。ドキソルビシンが最後の仕事をしてくれていると信じたい。


メトロノーム療法といって、低用量の抗がん剤を毎日投与する治療法もあるらしい。副作用はいくらか軽減されるのだろうか。

また、今世紀に入って、分子標的薬という癌細胞だけをターゲットに攻撃できる薬もたくさん出てきているようだ。とくにリツキシマブ(リツキサン)はB細胞型リンパ腫にとても有効で、従来の抗がん剤プロトコール「CHOP療法」に組み合わせて「R-CHOP療法」として、ヒトに対して飛躍的な効果を上げているらしい。(NHK「きょうの健康」でも2年前にとりあげられていた。)

この薬をモイにも使ってあげたいけれど、猫(動物)の臨床データが自分の検索力ではなかなか見つからない。それに見つかったとしても費用やもろもろで現実的なものかどうかもまだ分からない。

医学も自然療法も、西洋も東洋も、もっともっと進歩してくれ。そして尊い命が不運にさらされることが少しでもなくなりますように。みんなが笑顔でいれますように。

おはモイございます。