#モイ座り と#ちょこんとウニ 
今日ドキドキしながら先週木曜日のドキソルビシンの効果を確認するためモイと通院。
いつもの血液検査と超音波検査。
少し高めだった腎臓の値は正常値に戻っていた。
白血球は基準値より少し低めだけどモイはもともと低めなのでまずまずといったところだろうか(抗がん剤が効いていれば副作用で骨髄抑制が一番出る時期でもあるのでこの値が喜んでいいものなのかどうかは微妙なところ)。


そしてエコー画像。
腫瘍の大きさは全体に停滞気味。場所によっては少し小さくなっていた。毎回、画像の切り取り方によって微妙な誤差があるので厳密には分からないようだが、大きくなっているところも数ミリ、小さくなっているところも数ミリといった感じで、極端な進行はしておらず、これはドキソルビシンが効いたということだろう。よかった。
劇的な効果はなかったけれど少し救われた。
2月9日に「この状況ではドキソルビシンも効かないと思うのでレスキューでロムスチンを飲んだ方がいい」と提案されたことに躊躇してここまで来たけど、慌ててその通りにしなくてよかったのかなと今は思っている。


ただ喜んでばかりもいられない。
腸の中に食べ物の影があり「通過障害が起きかけているようです。嘔吐が続くようであれば、いずれは手術も考えなくてはいけなくなります」と。
腸閉塞の兆候が出てきているようだ。今日もこの時間までまだ便が出ていない。うー、また不安な夜になるなあ。
モイはリンパ腫の発覚後、まだ一度も吐いてない。嘔吐がはじまったら体力も消耗するだろうし、こちらの気も一気に滅入りそうでとても怖い。
なんとか苦しまないようにしてあげたい。


ここ数日の食欲不振に対しては「強制給餌よりも自分で食べた方がいいので」と食欲増進剤をもらう。
抗ヒスタミン剤の頓服薬で飲んで1時間後に食欲が出るらしく、確かに病院で飲ませてもらって帰宅後すぐに食欲が出た。
ただ強制給餌も愛情給餌と書いている動画を見つけたように、うまくやれたら栄養もとれるし、薬よりはいいのかなと思ってもいるが、どっちがいいんだろう?