さて、リンパ腫闘病は「寛解」がゴールではない。再燃(再発)しないように注意し、少なくとも2年以上の長期寛解を経た先に「完治」「根治」「治癒」が待っている。ネットで検索すると猫のリンパ腫は再燃しやすく、ひとたび再燃すると再度寛解に持ち込むことはかなり困難なようだ。がん細胞が抗がん剤への耐性をつけるからかな。一説によると数ヶ月~半年以内に再燃する確立が高いと言われている。予後の見通しが決して明るくないことはこのことからも伺える。


それでも以前書いたように長期寛解し今でも元気に暮らしている猫や犬をネットで見かけることは出来るし、実際にそのような猫と暮らしている方からインスタでコメントをいただいたりするとより完治が身近に思えてきて勇気が湧いてくる。モイも仲間に入れてもらうからね、絶対!


英語では寛解のことを「Remission」または「Response」というようで、今、Remission中のモイということになる。


【英語の勉強】

リンパ腫:Lymphoma

完治:Perfection

根治:Cure

完全寛解(CR):complete response

部分寛解(PR):patical response

維持病変(SD):stable disease

進行性病変(PD):progressive disease


埼玉動物医療センターのデータベースを参考にしました。


これからも気は抜けませんが、先日モイのカルテに「CR」と書き足されたかと思うとちょっとうれしい。