月曜日は通院日。モイと41回目のドライブ。前回と同様に行きの車中でもずっとキャリーから顔を出し町並みを楽しむ余裕がある。元気になっている証拠だ。

IMG_9432

先ずは血液検査。腎臓の値は少し改善されていて、BUNは少しだけ基準値オーバー、CREは1.8と基準値の上限値だった。腎臓の療養食がメインになっていることと、日々の120mlの皮下輸液が奏効しているのだろう。逆に言うとこれから毎日ずっと自宅で皮下輸液をしないとこの値がキープされないのかもしれず、これからのモイの長い人生を考えると気が遠くなるほど大変なんだけれど(なにせ毎日可愛いモイに針を刺すわけで)、家族で力を合わせてやってくよ!

続いて超音波検査。やはり回腸の同じところに4mm厚くらいの黒い影が。厚みは少し増したようにも見えたが幅は短く映っていた。腸の伸縮の誤差範囲かな。病変としては変らず維持病変(SD)ということになるらしい。

7月末に一旦寛解したものの俯瞰してみると5月あたりから4ヶ月間ずっと同じ状態なので、これはたまに本などで読む「がんと共存する」という状態なのかもしれないなあ。AHCCや丸山ワクチンの記事を読んでいるとよく出てくるワードなので、まさにその効果が出ていると捉えることもできる。

前回までの治療方針は、
  • 1week リンパ球採血(鎮静下)、クロラムブシル3.5T、
  • 2week 休み
  • 3week リンパ球戻し
だった。3週間隔の独自プロトコールで、1週休みも入るし、その間に抗がん剤もしっかり効いて副作用も抜けてくれるのでいいなとは思っていたが、鎮静剤を3週に一度使うのが気になってしまって(免疫療法は出費も増えるし)、先生に提案して、
  • 1week クロラムブシル3T
  • 2week リンパ球採血(鎮静下)
  • 3week クロラムブシル3T
  • 4week リンパ球戻し
この4週サイクルをこれから試してみる予定。これだと鎮静剤は4週に一度で済む。抗がん剤クロラムブシルをモイの体重(体積)に対して3週間に1度与える場合は3.5錠。それを2週に1度で3錠にするということは、一定期間の投与量としては少しだけ増える計算になる。その分少し積極的なアプローチということになる。ただ少ないとはいえ骨髄抑制などの副作用がピークになる1週間後にリンパ球の採血になるので、免疫療法の観点でみると、培養用のいい血が採れないかもしれない。なので一長一短あるのだけれど、とりあえずこの方針で様子をみたい。

IMG_1128

今日の白血球は基準値内の少し少なめ(白血球総数5900μl、分葉好中球3009μlほか)だったがモイとしてはまあまあなデフォルト値。クロラムブシル投与には問題ないだろうということで、予定通り、自宅投与用にリューケラン(クロラムブシルの商品名)2mg錠を3錠もらってきた。

IMG_9436

さて、やっと今日のタイトル「吐出」の件。

先生にこの一週間の状況、食後嘔吐が急増していることを相談した。オエッ、オエッとなってから胃液など胃の内容物を吐くのが「嘔吐」で、食後すぐの吐き戻しのことは「吐出」というらしい。モイの最近の吐きはこの「吐出」なのかもしれない。

YouTubeにアップしたモイの食事シーンを見てもらう。一粒一粒よく噛んでいるし、早食いが原因とは考えづらい。食道が傷んでいるかはエコーでは確認できないらしく内視鏡の検査になるが麻酔が必要になるため現時点ではそこまでやる必要はないのかも。ということで、しばらくは、インスタでもコメントをいただいたように、食道の負荷や逆流を少なくするために餌の位置を高くして様子をみるのがいいのではということだった。ちなみに餌の位置をうんと高くして食べさせることを「テーブルフィーディング」というらしい。毎回じっくり先生の説明があるのでいろいろ勉強になる。

念のためエコーの時に上部消化管も見てもらった。胃はエコーでは映りづらいらしいが、少し見える輪郭の部分はとくに問題なさそうということだった。

IMG_9443

IMG_1127

帰宅後、夕方からは絶食してもらい、抗がん剤は吐いたら大変なことになるので、制吐剤セレニアを輸液の途中に挟み皮下注射し、効いてくるまで1時間強待ち、先ほど20時10分にクロラムブシルを1錠ずつ3回まとめて飲ませることに成功。このあと、22時くらいになったらドライを食べさせてみる。吐かないといいなあ。昨日、餌の器を少し高さのあるものに替えてからはまだ吐いてないので大丈夫と願いたい。

IMG_1114
帰宅直後、お腹が空いてドライを食べるモイと、お兄ちゃんの臭いチェックをするウニ。

抗がん剤の副作用は小さく、効果は大きくなりますよウニ!