IMG_9718
1月12日 モイの血便に気付く
1月13日 エコー検査で腸や腎臓に黒い影を発見
1月15日 高度医療センターでリンパ腫と診断され入院。抗がん剤治療開始

これらは1年前のできごと。たまたま流し忘れたモイのウンチがトイレの水面を赤く染めた写真を撮影したのが1月12日15時1分。この時から闘病生活が始まったんだな。モイは本当にがんばっていて、なんとか一緒にここまでこれた。

ここ数日、ちょっと食欲と元気がないのが気になる。9日に下痢をして一日中寝ていたが、これはひょっとしたらJIN(乳酸菌のサプリ)の影響かもしれない。便秘気味でトイレで長いことキバっても出ないことが何回かあったので、昨春に試した時に少し便が軟らかくなったJINをあえて少量いつものサプリに混ぜて4日ほど飲ませてみた。まさかこんなに効いてしまうとは。下痢の翌日はまたすごく元気になってリラックスしていたけど、時を同じくしてBPや腎臓サポートへの食いつきが悪くなりだし、いざという時のオリジンも最近あまり食べてくれないので、食餌難民にもなりかけている。皮下輸液後のご褒美としてあげているおやつ(いなばの焼ささみ等)にはグイグイ食いつくので食欲が完全にないというわけではないようだが、体重は5.5kg台まで減ってしまったようだ。

抗がん剤を最後に投与したのは12月11日。免疫細胞療法のリンパ球を戻したのが12月18日。どちらもしばらく間が開いているので、食欲がなかったり少し元気がなさそうだととても不安になる。ただ眠くて寝ているだけかもしれないのに、つい「今週はエコーも見てないのでその間に病変が進行していたらどうしよう」なんて悪いイメージで頭の中がいっぱいになる。

来週月曜日に通院した際、逆に、もし病変が進行せずに維持していたら、白血球が戻りづらくなっていることへの懸念の方を心配し、積極的な治療(抗がん剤)はなるべく間隔を開けていく方向も模索したい。

過敏症は発症から2週間が経ちようやく少し落ち着いてきた。でも、まだ完璧には治っておらず、車が通ると逃げはしないものの耳が立つし、時たま天井をキョロキョロ見上げている。

インスタにあげた写真だけれど、これも実はウニと一緒に過敏になって天井を見上げていた時の様子。

この映像は1月11日、もうだいぶ落ち着いてきたので、わざと小さい光を天井にあててみたが、以前のように「キャッキャッ」と獲物を狙う鳴き声と、あくびまで出た。
IMG_5873
モイが調子悪そうに寝ている時に添い寝するウニナース。