6176649328_IMG_4972
想定内ではあったものの、モイが下痢止めを飲まなくなって数日が経った昨日、やっぱり下痢に逆戻りした時はショックだった。もう薬なしではすごい下痢になることが慢性化しているようだ。デルクリアを飲むとピタっと治まってくれるのはいいけれど、腸の動きが止まる作用もあるので(前回の記事でそれを疑ったあと、ほぼ同じ成分のディアバスター錠の説明書を読んだらそう書いてあった)、食欲不振にもつながって、袋小路に入ったようだ。
6176649328_IMG_4974
どうしたものか、今日、嫁とふたりで主治医を訪ね相談した。

先生の見解では下痢の原因と考えられるのは4つ。
  1. アレルギー
  2. 病原体
  3. 抗生物質反応性腸症
  4. リンパ球性腸症
【アレルギー】
下痢の原因のひとつに何かのアレルギー症状が考えられる → デルクリアだけで下痢が治まっているのでアレルギーではないだろう。

【病原体】
ひと月前の便検査では悪玉菌はとくに多くなかったが、顕微鏡にも映らない特殊な悪玉菌が潜んでいる場合もあり、改めて「下痢パネル」という外注の遺伝子検査に出してみるといいだろう → 次に下痢便が出た時に調べてもらおう

【抗生物質反応性腸症】
もしフラジール(抗生剤に近い下痢止め)だけでも下痢が治まるようであれば、これに該当するだろう → フラジールだけ飲ませて下痢しないか検証してみる

【リンパ球性腸症】
リンパ腫やIBD(炎症性腸疾患)のように免疫系の疾患で腸炎を起こしている可能性 → 詳しく調べるには麻酔して内視鏡で調べる必要があるがリスクを伴う

デルクリアだけ飲んで治まるので抗生物質反応性腸症の可能性は高い。フラジールだけでも効く場合、どちらかというとデルクリア(先生曰く漢方薬に近いマイルドな薬)を頓服的に使用し、食欲不振とのバランスを見ながら継続していくといいのではないか。

まとめるとこんな内容だった。先生の話はいつもエビデンスに基づいた明快なものなので、話を聞いただけでもこちらの気持ちがスッと整理されるようでとても助けられる。
IMG_8074
ブルームーン

また、食欲不振については、ミルタザピンという最近使うようになったという食欲増進剤を使ってみてはと薦められ、1/8錠を3回分だけ処方してもらった。

実は昨日また17cmもある毛玉を吐いたモイ。そして今朝も6cmほどの毛玉を吐いた。季節的に毛玉と食欲不振の因果関係を先生も疑われたが、17cmの毛玉を吐いた2日前に230kcal、15cmの毛玉を吐いた前日に270kcalと食欲旺盛だったからなあ。これに関してはあまり関係なさそうな気もする。しかし、一体どこにあんなに長い毛玉が溜まっているのだろう。抜け毛対策も本気で考えないといけない。