moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

カテゴリ:モイ > 免疫細胞療法(活性化リンパ球療法)

毎秋、仙台に3泊する仕事がある。この時期にモイがどんな状態でいることになるのか、随分前から不安だったけれど、どうやら妻ひとりで留守番できるくらいには元気でいてくれそうだったので、安心して仕事に集中できた。

旅に出る直前の金曜の昼に皮下輸液を180mlと普段の1.5倍の量にした。妻ひとりでは輸液は難しかろうと土日休んでもなんとか持たせる作戦。ところが器用な妻は日曜にはひとりで輸液をやり遂げた。サプリと薬は連日経口投与できたそうだ。日曜日は丸山ワクチンを1日置きに輸液に混ぜる日だったのでがんばってくれたのだろう。

さて、今朝、仙台から始発の新幹線で帰ってきた。9時には家に着いた。今日はモイの通院日。いつも11時頃家を出ているので2時間くらいは再会の喜びを分かち合えた。ただモイは昨夜遅くから絶食をしていてすごくお腹を空かしていた。「パパ、帰って来たなら食べ物ちょうだいよ」と言わんばかりにゴロニャ〜ゴロニャ〜とスリスリしてくる。これで帰宅早々キャリーケースに入れて連れ出したらなんだかバツが悪い。

IMG_2156
往路

今日は9回目の免疫細胞療法の採血。モイを数時間預け鎮静下で採血してもらう。絶食はそのためだ。モイが大人しく鎮静剤なしで採血させてくれたらなあ。絶食もせず、鎮静剤も使わず、預けることもなく、パッと血を採って終わりなのでかなり負担も少なくなるのになあ。

【超音波検査】
エコー画像の様子は腎臓も腸もほとんど変化がなかった。腸には依然としてうっすらと黒い影が映っている。ほんとなんでなくなってくれないんだろう。

【血液検査】

鎮静下でついでに血液検査を。
  • BUN(尿素窒素)  24.6(前回 28.4)
  • CRE(クレアチニン)  1.9(前回   2.1)
腎臓の値はいい傾向に。BUNがどんどん下がってきた。CREも少し下がってあと0.1下がると基準値に戻る。
  • WBC(白血球総数)4400(前回 8000)
  • 分葉好中球     2600(前回 4560)
  • リンパ球      1400(前回 3040)
抗がん剤から一週間後なので白血球は少ない。前々回のクロラムブシル一週間後と同じような減り方。この状態で免疫細胞療法用のリンパ球を採血したわけだけれど、前回も同じような状態からけっこう増えてくれたので今回も期待したい。

IMG_2177
復路

今日は鎮静剤が深くなかったのか、帰路もしっかりした顔つき。帰宅後にボーっと口が半開きになることもなさそうだ。ただ今日は待合室での待ち時間が2時間近くと過去最長だったので流石に少し疲れたね。俺も旅帰りでヘトヘトだったけれど、モイのことを思うとバテてはいられない。









IMG_1300
モイが行っている免疫細胞療法は自らのリンパ球を体外で約2週間かけ培養し、活性化させ増えた状態のリンパ球を体内に戻すというもの。自分の血なので一般的には副作用はほとんどないと言われている。でもモイの場合は少しだけ戻した当日と翌日くらいはダルそうになる。今回8回目だったけれど一番顕著にそれが出ているかもしれない。

先生も「少し発熱することはあります」 と言っていたが、まさに今、熱が出ているようで、耳や吐く息が熱く、鼻も赤い。呼吸も速くなっている。

よっぽど家で経口投与している抗がん剤クロラムブシルの方が副作用が出ないようにも感じる。

2週間前に通院し鎮静剤を打ち採血し、今日また通院して昼のあいだ預け点滴で戻した。今回のリンパ球は約3億個弱まで増えたということだったけれど、その通院分の負荷を差し引いても有益になるくらい、その免疫ソルジャー達にはがんばってもらわないといけない。

期待してるよ!

 IMG_1302

8回目の免疫細胞療法。2週間かけ培養したリンパ球を戻しに病院へ。この病院へ通うのは今日で30回目(他の病院も合わせると44回)。車窓がなかなかよい。モイの目線で見るとこんな感じかな。


通院自体に少し余裕が出てきたのでこんな動画も撮ることができた。春は桜並木が綺麗だったけれど、また来春、その景色を見る前に病院は卒業していたいところだ。もちろん病気を治して。
IMG_1267

今日は抗がん剤を投薬するわけではないので、腎臓の値は気になるところだが、血液検査はしなかった。毎週毎週、血液検査のために首の静脈から採血するのも可哀想だし、少量とはいえ血ももったいない。

IMG_1271


【超音波検査】

エコーは通院する度にほぼかかさず見てもらっている。画像診断しやすいところに病巣があるのはラッキーとも言える。

抗がん剤クロラムブシル投与からまた一週間が経ったので、少し期待していたのだけれど、残念ながら今日も回腸にある黒い影は消えていなかった。ただ先週よりさらに薄くなっているようには見えた。プローブをあてる角度によっては腸壁の正常な5層構造が繋がっているようにも見える。先生は黒い影が映る角度をあえてがんばって探し出しているようにさえ思える。

7月末に病巣が確認できなくなり一時的に寛解状態になったものの、5月あたりから一貫して腸の病巣は悪化することも消えることもなくずっと同じような大きさ(エコー画像で3mm幅くらい)で見えている。
53
独自にグラフ化した腫瘍の大きさ変遷

モイの病名は「低分化型B細胞型消化管型リンパ腫」だ。改めてリンパ腫の低分化型と高分化型の違いをメモしておきたい。先ず、呼び方がいろいろあって紛らわしいので整理すると、

【低分化型】=
  • High Grade
  • 高グレード
  • 高悪性度
  • 大細胞性
  • リンパ芽球性
  • 前駆細胞由来
【高分化型】=
  • Low Grade
  • 低グレード
  • 低悪性度
  • 小細胞性
  • 成熟細胞由来
注:にわかなので正確性は保証できかねます。

骨髄細胞が分化して小さくなりリンパ球へと成長する過程のどの段階でがん化したかによって分別される。リンパ芽球という比較的に早い段階でがん化したものが低分化型、それに対し成熟しリンパ球になった状態でがん化したものが高分化型。つまり低分化型はまだ発展途上なのでがんの進行も早く、高分化型は成熟しているのでがんの進行が緩やか。中分化型という中間のやつも存在する。

また、リンパ芽球が主に胸腺で成熟したものがT細胞(Tリンパ球)、それ以外の臓器で成熟したものがB細胞(Bリンパ球)と分類されるそう。

そんなわけで低分化型リンパ腫は進行が速い。「無治療での生存期間は2週間から10週間」と改めてネット検索で出てきてビビる。それゆえ病気に気付く時期も重要で気付くのが遅ければ1週間で亡くなるということもあるのだと思う。

話がまわりくどくなったけれど、そんな進行の速い病名を告げられモイが2月3月になんとか危機を脱し、その後4~5ヶ月近く同じ状態で居ることが不思議といえば不思議で、今日先生にこんな質問をしてみた。

「低分化型から途中で高分化型に変わることはあるんですか?」

先生曰く、「逆はしばしばあります。あるいは、高分化型の治療中にそれとは別のところに低分化型ができることもあります。ただ低分化型が高分化型に変わるということは僕は聞いたことがないです。通常、腫瘍は悪性度が上がることはあっても下がることはないものです。」と。さらに、「モイちゃんが体調を維持して今のこの状態を推移しているのは猫の腸に発生する低分化型リンパ腫の症例としてはあまりない展開と言えます。はっきりとは言えませんが、近藤さんが行われているサプリメントや丸山ワクチンやリンパ球療法が総合的に作用しているのかもしれません。悪性度を下げるとまでは言わなくても進行を緩める作用をしている、という印象は受けます。」とのこと。

ふむふむ。やっぱり先生もこの総力戦が功を奏していると内心思ってくれているってことかな。そうか、あまりない症例かあ。もしモイがまた寛解して、長期寛解して、数年経ち、完治と言われる日が来たら、これは先生に論文でも書いてもらわないとな。

【免疫細胞療法】
昼間モイを預け、夕方迎えに。今回のリンパ球は「3億個弱」に増えていた。この治療もどの程度効いているのか、なんとも分からないのだけど、今の総力戦でやっと腫瘍と拮抗した状態にあると考えると、何ひとつ手を緩めるわけにはいかない。モイの体力と相談しながら今後も注意深く見守っていかねば。
IMG_1286
秋分の日を過ぎ帰りは夕陽に映える並木。

IMG_1295
お約束、帰宅後のウニチェック。




今日で生まれて888日目になるモイ。そんな日に千羽鶴をいただき、改めて先ずは1000日を目標にモイもがんばらなきゃと思いました。1000日目は来年の元旦!!

IMG_9907
最近は通院時の30分の往路もキャリーケースから顔をずっと出して車窓を楽しむモイ。

IMG_9902
調子が悪い時はキャリーケースの中で呼吸がかなり速くなっていたので、それを思うと随分調子がいいのか、おでかけに慣れてきたのか。

今日のメイン目的は8回目となる免疫細胞療法のための採血。念のため超音波検査と血液検査もしてもらった。

【超音波検査】
今回もエコーで見る腎臓は左右とも綺麗だった。問題のリンパ腫病巣と思われる回腸にある黒い影は以前としてあった。ただ少しだけ薄くなっているように見えた。腸壁がバームクーヘンのような5層構造に見えるのが正常な状態だけど、黒い部分にもうっすら層構造が見えそうな気配があった。

7月末に一旦寛解した時の検査もクロラムブシル3.5T投与から一週間後だった。今日もクロラムブシル3T自宅投与から一週間。再寛解とはいかなかったけれど、縮小傾向にあるということはクロラムブシルが以前有効であるということだろう。これはとてもうれしい。大きな副作用も出ないのでモイの体調を見ながら根気強く続けていけたらと思う。

IMG_9918

【血液検査】
  • BUN(尿素窒素) 40.7(先週35.4)
  • CRE(クレアチニン)1.9(先週1.8)
腎臓の値は前回少し改善されていたが、今回また少し上昇してしまった。前回はほとんど腎臓用の療養食だけを食べた一週間だったのに対し、今週は療養食に飽きたのかあまり食べてくれなかったので、高タンパクなドライやおやつを少しあげたのと、やはり高タンパクな「退院サポート」を含む強制給餌を少し増やしたことが影響したのかもしれない。
  • RBC(赤血球数)772(先週613)
  • HCT(ヘマトクリット値)30.7(先週24.4)
  • HGB(ヘモグロビン濃度)8.9(先週7.2)
貧血傾向はほぼ改善されたようだ。血便が治まっているからかな。リンパ腫から来ていた貧血と考えるとこれもうれしい結果だ。ここ数日、鼻のピンクもとても綺麗だった。
  • WBC(白血球総数)4500(先週5900)
白血球はかなり少なかった。クロラムブシルからちょうど一週間なので骨髄抑制が起きるタイミングと考えると致し方ないのかもしれない。白血球の中でもリンパ球は1400となかり低かったので、今日のこのタイミングでのリンパ球採血にどの程度影響したのか、これから培養をはじめ2週間後にその結果が出ることになる。

【リンパ球採血】

鎮静が必要な採血のためしばしモイを預ける。いつもは午前中に預け、午後の診察が始まる16時以降に迎えに行っていたが、今日は13時半に迎えに来ていいと言われたので街での待ち時間も少なくて済んだ。拮抗剤を使って鎮静を覚ましているが、まだはっきりとは覚醒しておらずボーっとしたモイ。


帰りの車の中でボーっとして白い瞬膜を出しながらも爪を研ぐモイ。
IMG_9933
帰宅後もしばらくは心配になるような力のない表情で身動きせず同じ場所に佇んでいる。時間が経てば徐々に意識がはっきりして普通に戻ってくれることはこれまでの経験で分かってはいるものの、やっぱり毎回毎回心配になってしまう。若いモイでも鎮静剤自体が少し負荷になっている部分もあるかもしれない。それを思うとリンパ球の採血もちょっと考えものだ。2週間後にどれだけ免疫細胞が増えているか期待したい。

IMG_1396

IMG_1397
夜になって少しずつ調子が戻ってきたモイ!







3月にはじめたモイの免疫細胞療法も7回目になったので、これまでの経緯を表にしてみました。

05

免疫細胞療法と言ってもいろんな種類があるようで、モイが行っているのは「活性化リンパ球(CAT)療法」というタイプ。T細胞を増殖させるので、T細胞型リンパ腫の動物には適応できない(以前も書きましたが、モイは2回目の生検でB細胞型と判明しました)。

J-ARM日本獣医再生医療学会に詳細な解説があります。

J-ARMのサイト内にあった、リンパ球ががん細胞をやっつけている動画を紹介しておきます。


この映像だけみるととても頼もしいですが、塊になった大きながん細胞を叩くことは難しいと書かれています。とくに、がん細胞を狙いうちする特異型に対し、モイが行っているCAT療法は非特異型なので、あまり多くは期待できないのかなあ。

実際に7回やってみて目に見えて効果があったかと問われると「はい」とは即答しがたく、副作用もほとんどないと言われているけれど、戻して2日くらいは通院疲れもあってかちょっとだけダルそうにしていることが多い。モイの場合は病院で暴れるので採血の時に鎮静剤を併用し、点滴で戻す際もカテーテルの抜き差しだけで一苦労みたいでストレスも相当だろうから、そういう点でのリスクはかなり高い。費用もそれなりにかかるので費用対効果という点では首をかしげたくなる。ただ丸山ワクチンやサプリも含め、今行っているものの何が効いているかは本当に分からない。やらなかったらもっと悪化していたかもとも考えられるわけで…。だからこそ丁寧に毎日観察して詳細な記録をとり、ちょっとした変化を見逃さないようにしたい。その中から何が必要か精査して今後のことを考えていきたいと思います。








モイ、通算40回目となる通院日。リンパ腫の再燃兆候が出て以来はじめて、2週間ぶりの通院なので腫瘍がどうなっているかかなり不安もあったが、モイはこの一週間いたって元気。絶好調だった。ウニと追いかけっこや猫パンチ合戦を連日くりひろげ、ひとりになると甘えて「ゴロニャ〜ゴロニャ〜」と遊んでくれアピール。毛並みもよく、寂しくなっていたヒゲもだいぶ立派に伸びてきた。ずっと続いていた下痢も徐々に治まり、ここ数日だいぶまともになっていて、今朝ようやく実に約50日ぶりに普通のウンチをした!

IMG_9070
今日は往路の車中もずっとキャリーバッグから顔を出し町並みを楽しむモイ。

血液検査で腎臓の値は横ばい、貧血傾向は少し改善され、白血球の値もモイにしてはまあまあだった。
  • 尿素窒素BUN 39.4(基準値17.6~32.8)
  • クレアチニンCRE 2.2(基準値0.8~1.8)
  • 赤血球 593(基準値550~1000)
  • ヘマトクリット値 23.9(基準値24~45)
  • ヘモグロビン濃度 7.1(基準値8.0~14.0)
  • 白血球総数 6800(基準値5500~19500)

IMG_9085
そしてエコー。モイが元気だったので淡い期待をしたが、腸の黒い影は同じところにあった。2週間前とほぼ変わらない状態。もし大きくなってしまっていたら今日は抗がん剤投与する選択肢もあったが、予定どおり2週間培養してもらったリンパ球を戻すことにした。昼のあいだモイを病院へ預け、いつもの町で待機。

夕方迎えに行く。この時いつも奥の処置室からモイの「ウギャ〜」という叫び声が聞こえてくる。多分、腕に刺されたカテーテルを抜いてキャリーケースに戻される一連の段取り中に先生や看護師さんに抗議しているのだろう。今日は一段とすさまじい鳴き声。心が痛い。

先生によると今回(7回目)もリンパ球は順調に培養されたようで3億個に増えたそうだ。これから数日をかけ免疫シグナルを備えたリンパ球が体内で戦闘配置に着く。がんばれリンパ球ソルジャー!

会計待ちの時、キャリーの中のモイをふと見ると右前足から血が漏れたようでしきりに舐めていた。ちょうど奥で看護師さんもエリザベスカラーに付着した血痕に気づいたようで待合室にやってきて、「モイちゃん血が出てませんか?」と。「そうなんですよ、舐めているようです。」「何かお手当しなくて大丈夫でしょうか?」看護師さんが容易にモイを抱っこするのは難しいので、「多分大丈夫とは思いますが、じゃちょっと見てみますね。」と俺がキャリーからモイを出そうとした瞬間、、

IMG_0951

「ウギャ!!」©カーコ画伯
ピアスの穴開けました。

IMG_9092
耳と顔に爪が刺さったまましばらくぶら下がっているモイ。体感15秒ほど。妻も看護師さんも近くにいた他の猫のオーナーさんも身動きできず時間が止まったように固まっていたような、、
ごめんよ、また診察室に連れて行かれるかと思ってパパのことも認識できないくらい瞬間的にパニックになったんだよねえ。でもパパうれしいよ!モイの傷、モイが生きている証!

IMG_9109
教訓:元気がない時の通院も大変ですが、元気な時の通院もなにかと注意が必要です。

IMG_9113
お兄ちゃん、今日もがんばったね!


IMG_9110
キャリーケースの中のモイの血のついたペットシーツを嗅いでフレーメン反応するウニ。


 



モイのリンパ球、今回は3億1千万個に増えてました!自己記録更新だモイ!

素朴な疑問として、この免疫細胞療法(CAT療法)で培養したリンパ球(αβTリンパ球)と、いつも血液検査で測っている白血球の中のリンパ球は違うものなのか先生に聞いてみた。というのは、今日の血液検査でも白血球はかなり少なかったからだ(ここのところずっと少なめ)。

先生曰く「同じタイプのものも含まれていますが、培養して活性化させたリンパ球は免疫シグナルというものを持っていますから、血管に戻すと病巣のある組織の方へ染み出していきます。いつまでも血管を巡っているわけではありません。なので、そのあと血液検査をしても必ずしも白血球のリンパ球の値がすごく増えているというわけではないです」だそうだ。

ふむふむ、じゃ今頃また3億1千万個のリンパ球兵士達が免疫シグナルを携えて病巣のある場所に出陣しているわけだな。

ちなみに「リンパ球 がん細胞 攻撃 動画」などで検索すると、実際にリンパ球ががん細胞をやっつけているところを顕微鏡で見たような動画がたくさんヒットしますので、興味のある方、苦手でない方は見てみて下さい。



3日間で腎数値は少し改善したものの、BUN46.3 CRE2.5とまだ基準値より高い。上昇しだした時期とドライフードを変えガツガツ食べだした時期が重なるのを受けて、「餌に含まれるタンパク質で尿素窒素だけでなくクレアチニンも上がってしまうことがあります。ツナ缶、まぐろの筋肉に含まれるクレアチニンが猫の測定系に干渉してそのまま血液検査の値に出たという調査結果も過去にありました」と先生。おーっ、多尿になったわけでもないし、エコー上は腎臓もキレイだから、それが原因だとかなりガッテンがいくなあ。

それを検証するためにはご飯を変えてみる必要がある。がんは炭水化物を栄養とし脂肪は利用できないとされているので、がんの栄養学的には「低炭水化物」「高脂肪」「良質のタンパク質を適量」が良いとされているが、腎臓をケアするためには「低タンパク質」が望ましく、そのため市販のものは「高炭水化物」なものが多い。反対なんだよなあ。むむ、どうしたものか。「複数の疾患がある場合、どちらがQOLに与える影響が大きいかで優先度を決める」という意見をペット栄養管理士の方からいただいた。 



モイ32回目の通院。今日はエコー検査と鎮静下でリンパ球採血を。


先ずエコー。腎臓は相変わらず異常なし。前回の検査で違和感があった(新たに見つかった)小腸と大腸の繋ぎ目のところも問題がなかった。すごくホッとした。リンパ腫であれば無治療で簡単に無くなるものではないので、一過性の炎症が影として映っていたのだろうと。

問題はずっとある腸の黒い影で、今日もしぶとく映っていた。かなり小さくはなっているもののひと月近くわずかながらずっと同じところに停滞している。「こんなに長いこと維持された状態が続くことってあるんですか?」と先生に聞いてみたらこんな見解が返ってきた。

「実際にこの影が腫瘍細胞か、腫瘍細胞がなくなった後、修復するためにコラーゲンが入り込み線維化されたものが映っているのかは組織検査、しかも全層生検をしないとはっきりしません。全層生検は開腹が必要なため現実的ではなく、やる必要もないでしょう。例えば1ヶ月ほど休薬しても大きさが全く変わらないとなった場合は、線維化である可能性も高いと思います。」

難しい言葉も多いけれど、つまりもうがんは無くなっている可能性もあるということみたい!

勝手に夢に見ていた展開は、ある日の検査で黒い影がまったく映ってなくて、「完全寛解しましたね!」と先生がニヤっと笑みを浮かべ、病院を出た瞬間にバンザーイと妻と抱き合い、喜び勇んでここで報告して、応援してくれた皆さんから「おめでとう!」のコメントが1万件くらい寄せられ、共に闘ってくれた同志と「寛解、カンパーイ!」と祝杯をあげる、というものだったけれど、どうやら実際の癌治療というものは、そんなに華々しい瞬間が簡単に訪れるわけではなく、何年も何年もかけて少しずつ完治に向け歩んでいき、闘病生活の中に日々の小さな喜びを見つけ、それを積み重ねていくことなのかもしれない、と思いました。

これからの課題は抗がん剤治療をいつまで続けるか。「猫の、とくにリンパ腫の、抗がん治療はどこで止めるか、はっきりとした指針がまだ確立されていません。」「一般的なプロトコールでは寛解状態であれば半年を目処に休薬する場合も多いが、間隔を開けてさらに抗がん剤を続ける維持療法や、例えば、免疫細胞療法と丸山ワクチンだけを続けておくという選択肢もあるでしょう。」「ちょうどもう少しで半年ですし、ドキソルビシンの投薬上限である残り1回までは投与しておき、その時点の様子でその先どうするか検討することをお薦めします。」というのが主治医の意見でした。

おかげさまでモイは今かなりいい状態を維持できています。まだまだ先は長いですがモイと一緒に生活できる一瞬一瞬に感謝しながらこれからもがんばっていきたいと思います。

6174624736_IMG_2932
6174624736_IMG_2934
6174624736_IMG_2951
6174624736_IMG_2973
6174624736_IMG_2980
6174624736_IMG_2985
6241775760_IMG_3006
6241775760_IMG_3007

写真は1枚目のみ病院への往路で、残りは帰路と帰宅後。鎮静剤が抜けきっていないので少しぼーっとしたモイはそれはそれで可愛く、何よりウニと一緒にのんびり寄り添ってくれているのがいい!


35億、ウソ、3億個に増えた免疫細胞リンパ球が1日かけてモイの身体に馴染んできたようだ(いつも戻した直後は少しだけダルそうにしている。通院疲れもあるのかも)。今日はご覧のように元気にウニと遊んでます。ウニも兄ちゃんが元気になるとすぐにちょっかいを出しはじめ、モイも負けじと応戦し、取っ組み合いが始まる。少しハラハラするけれど、こんな景色が見られるのも幸せのひとつ。ちなみに怒ると(興奮すると)リンパ球は増えて、ストレス下では減るのだそうです。

.
映像は途中から早回しです。



今日は2週間ぶりの通院日。夕方迎えに行くまでまたこの町で待機。モイが元気で帰ってくることがウニへの何よりの誕生日プレゼントになるから、頼んだよ、モイ!

................................

モイ、28回目の通院。28回のうち超音波検査(エコー)をしてもらったのは22回なので、ほぼ毎回のようにハラハラしながらモイのお腹の画像を見ていることになる。最近は必ず立ち会わせてもらっているのだけど、最初に機器をあてる右の腎臓が画面に映し出されるまで本当にドキドキする。先々週なくなった黒い影がもしもまた現れていたらどうしようと。結果、大丈夫でした。腎臓は左右とも無くなったままでした。やった。


今日の腸管は「ウンチが溜まっていて評価しにくい」とのこと(笑)。いつも見ている腸管がウンチで膨らんで見えていた。ただ、病的なところはそこが硬くなるので、ウンチが来ても伸びないが、腸が伸びて膨らんでみえるということは、健康な腸管に戻ってきていると捉えることができるようだ。とりあえず後退はしてませんでした。よかった。

そして今日は、2週間培養したリンパ球を戻した。4回目にして今までで一番多い3億個に増えていた!!先生曰く「普通は抗がん剤治療と平行してやっていると、だんだんリンパ球も増えなくなるものですが、モイちゃんの場合は、若いということもあるでしょう、あと病巣が制御できているので免疫細胞の状態もいいのでしょうね」とのこと。よしよし。今度の今度こそ、この3億個の兵士たちが完全に悪いのを追い払ってくれると期待したい。本当にもう一息なのだ。

もしも今日「完全寛解しましたね」という言葉が聞ければ、ウニや嫁への最高の誕生日プレゼントになったのだけど、さすがにそこまでドラマチックにはいかなかった。でもモイ本当にがんばってる。あとちょい。



帰路、キャリーケースの中でモイ座りしているモイ

IMG_1202

1歳になっても帰宅後のお約束をかかさないウニ。

↑このページのトップヘ