moi moi moi !!

愛猫モイ(mix 2015.4.8~ ♂去勢済)が消化器型リンパ腫と診断されたのは2017年が始まったばかりの冬、1歳9ヶ月の時でした。その日から一変したモイとの生活、闘病と友情の日々。

カテゴリ: ウニ

ウニが先週受けたペットドックの結果を聞きに病院へ。
20200126-DSC05982
血液検査、レントゲン検査、超音波検査、尿検査、便検査、ほぼ異常はなく、女性の先生の説明も5分ほどですべて聞き終えたのだけれど、血液検査上で2点だけ基準値から外れている項目を指摘された。

ひとつはコレステロール。
基準値89~176mg/dLに対し222mg/dLと高め。因果関係は分からないけどレントゲン写真を見せてもらった時、お腹のところだけ「ちょっと脂肪が(笑)、けっこう付いてるかな」と先生。あんなにスレンダーに見えるウニでもそんなことあるんだな。体重6.7Kgのモイと比べるからかもしれないけれど4.2kgのウニは小さく細く見えるのです。

もうひとつは血小板数。
基準値30~70 万/μLに対し29.2とやや少なめ。

この2点については再検査を進められ、1ヶ月後くらいに血液検査だけすることに。
スクリーンショット 2020-02-03 15.42.10
帰宅後ちょっと気になったので過去のウニの血液検査データをモイと同じようにすべてエクセルに打ち込んでみた。表にして見ると一目瞭然。血小板は過去にも2回、基準値より少ないことがあった。「猫の血小板は固まりやすいので値も変わりやすく問題はないと思いますが、」とのことだった。モイのデータを見てみると55回受けた血液検査のうち17回は基準値以下でけっこう低い数値の時もあったが、これまで主治医にはとくに再検査と言われたことはない。

コレステロールに関しては上がっていくようであれば脂質代謝異常など病気につながる可能性もあるので観察しておく方がよさそうだ。モイのphコントロールをウニも食べてしまうことに関しては「問題はない」と言われたが、食事の管理ももっとちゃんとした方がいいのかもなあ。
20200128-DSC06057
ところで、先週ワクチンとペットドックを済ませ帰宅したウニ。過去の経験からその日の夜は「ウォーン」と唸るような声で鳴くかと思っていたけれど、疲れて寝てしまった。替わりに次の日の昼間にけっこう鳴いた。抗議なのか何なのか、はっきりした心中は察してあげられないけれど、まあストレスは相当かかったよね。それからウニが近くを通るとモイが「ウー」と威嚇するような声を出す日が2日ほど続いた。一年前はそんなことなかったのに、今回はけっこう病院のにおいが付着したのかな。モイにしてみればいつも嫌な思いをしている場所のにおいなので(本当はお世話になって健康にしてくれた所なんだけど、)そりゃ警戒するよね。
20200128-DSC06054
エコーの映りをよくするためにお腹の毛を剃られたウニ。病院で怖い思いをするは、大好きなお兄ちゃんに威嚇されるは、で踏んだり蹴ったりだったよね。だからなるべく病院なんか行きたくない。病院に行くことで体調を崩す猫もいるはず。でも、病院で診てもらわないと気づけないこともたくさんある。




 

今日はウニの年に一度の3種混合ワクチン接種と、ついでにペットドックを受けて来た。

前置きが長くなります。

先ず、ワクチンは本当に年に1度必要かという問題だけれど、昨年、一昨年とワクチン前に抗体検査をしたら、あまり抗体が残っておらず、「もうそろそろワクチン打った方がいいですよ」という数値だったので、結局、素直に年に一度ワクチン接種した方がよさそうだった。ウニの場合。

ペットドックも昨年に続けて2回目。ウニが受けたスタンダードコースは人間で言う区の健康診断よりは立派なものだけど、猫時間で考えると4年は経っているのでやっておいた方がいいのかなという考え。

「ワクチンとペットドックを同じ日にやるのは負担が大きいのでは?」という疑問を主治医に相談したことがあるけれど、「確かに片方だけ受けるよりは1日がハードになりますが、猫の場合は外出のストレスというのも考慮しなくてはいけないので、2回に分けて病院へ来るよりいっぺんに済ませてしまった方が結果ダメージが少ないと考えることもできますね、、」ということだった。ウニはモイより外出に慣れていないので、先生の言うように一度にお願いした方がよいかと思い、年が開け早めに通院するつもりでいた。

ところが、1月10日夜
IMG_7263
気がつくとウニの右目が開かなくなっている。
IMG_7260
生まれつき少し右目が結膜炎のように赤くなることがあって、時おり痒そうに手で擦っているが、この日は擦る以前から全く開いていない。
20200110-DSC05048
このまま手で擦りだしたらますますひどくなるなと思い、久しぶりにアンリッカラーを装着してもらった。
20200110-DSC05054
掻こうとしても掻けない。
20200110-DSC05062
ライトニングケーブルで自ら充電中のウニ
20200110-DSC05056
疲れて寝てしまった。

翌朝、1月11日
モイと違ってほとんど咳き込んだことがないウニが突然むせたように咳をした。

慌てて記録用にスマホで動画を録ったがすぐ治まって間に合わなかったのはむしろよかった。
 
と思ったら今度は声がしわがれたような変な声になった。さっき咳き込んだからだろう。
昨日の今日なので、なにか風邪でも引きかけているのかなとこの時は思った。もしそうだとしたらワクチンは打てないし、万が一風邪が悪化してモイに感染ったら大変。モイはリンパ腫だったので用心のためワクチン接種していない(ワクチンは少量のウイルスを体内に取り込むのでそれをきっかけにがん細胞が刺激され増殖でもしたら大変なので)。

ぬるま湯を飲ませたらひとまず声は復活した。

1月13日
風邪じゃなかったかもなあと少し安心していたら今度はひどい下痢。立て続けに3回トイレに行き、ビシャーっと。もともと軟便がちなウニではあるけれど、やっぱりこれはちょっと調子悪いのかも。

1月15日
そしてこの日は知覚過敏症が出た。自分の尻尾を追いかけ回すようにクルクル回転したり、背中がゾクゾクと震え、毛が逆だって気になって自分で身体をペロペロ舐めるのだけど、治まらず走って部屋の角に逃げていってしまう。ちょっとしたパニック障害。気をそらしたり、尻尾を見えないように隠してあげたり、ストレス緩和サプリ「ジルケーン」を飲ませたりして対処している。

2017年8月に初めてその病名を認知するひどい症状の時があって、その時は落ち着くのに2週間近くかかったっけ。その後も季節に何度かちょっとした症状が数時間だけ出るような事はあったが、今回は少し長引いている。

今回ひどい症状が出ているところは撮影できていないけれど、これもその軽いやつ。本当は20日にワクチンとペットドックの予約を入れていたのだけど、その2日前になっても過敏症が治まらなかったので一週間延期してもらった。「ペットドックは必ず必要というものではありませんからもし来週も体調が戻らなかったらまたご相談ください」と電話口の看護師さん。

そして話がやっと今日に。

この一週間でやっと過敏症も治まってきて、疑わしかった風邪もひいてなさそうなので、今日は通院することに。

未明から絶食。
IMG_7561
ウニのご飯ないよアピールは相変わらず分かりやすい。モイが自分の通院と勘違いしてベッドの下に隠れたが、抱きかかえられたのはウニ。玄関に置いておいたキャリーケースに入れようとすると身をよじって抵抗した。この感じ懐かしい。モイはいつもすんなりケースに入ってくれるから忘れていたけれど、先代マルオはいつも「死んでも入りません!」って足を踏ん張ってたなあ。やっぱり猫のスタンダードはこの態度かな。そりゃ通院はなるべく少ない方がいいよね。
20200127-IMG_9183
往路の車中もワオーンと鳴き続け不安そうなウニ。
20200127-IMG_9188
生憎の空模様。
20200127-IMG_9190
おまけに寒い。
20200127-IMG_9195

20200127-IMG_9199
今日は主治医でなく女性の先生が診てくれることに。上に書いた今年になってからの様子などひと通り説明。嫁が着ているウニスウェットに気づく先生。
20200127-IMG_9200
キャリーから診察台にウニを運び出しながら「ウニはどっちかというと臆病で〜」と説明すると、「モイちゃんと正反対ですね」と先生。やはりこの病院ではモイは相当ブイブイいわせてるんだな。不思議だな。うちではどちらかというとモイはおっとりした性格でウニはお転婆で手に負えないこともあるのに。
20200127-IMG_9205
モイなら即エリザベスカラーを着けられるところだけど、ウニはそれなしに、体重、体温、触診、聴診、目や口の軽い検査などが行われた。とくに問題はなさそうなので、予定通り数時間預けてワクチンとペットドックをやってもらうことに。

いつもの街で4時間ほど待機。途中、留守番カメラで家のモイの様子をチェック。モイがひとりきりになるのは1年ぶり。なんだか妙にくつろいでいる様子だった。

夕方ウニを迎えに。オプションで目のスリット検査をしてもらったが、「結膜充血もないし、ぶどう膜炎を疑うような症状も今はないので経過観察でよいのでは」とのこと。その他のドック結果は一週間後に聞きにくることに。

ちなみにウニの検査はすべて鎮静剤を使うことなく行われたようだ。とってもよかったけど、意識のある状態で4時間も知らない人にいじくり回されて、「ワンワン」「ニャンニャン」聞こえてくる部屋でケージに閉じ込められていたかと思うと、それはそれでさぞ怖かったろうなあ。
20200127-IMG_9211
20200127-IMG_9214
帰路は車に乗ってすぐは鳴いていたけどしばらくすると家に帰ることを察したのか、安心したようでくつろぎだした。異臭がついたのでグルーミングはかかさない。
20200127-IMG_9221
家に帰ると、いつもと逆の光景が。今日一日ウニが入っていたキャリーケースをモイがチェック。「あ、この臭いは!」と思ったかな?

実は今朝4時頃モイの尿も採れていたので、今日はモイの尿検査もしてもらった。果たしてストルバイトは?! ここからは別記事にします。

毎年この時期になると近所の催しで花火が上がる。時間的には5分かそこいらで、あっという間のことなのだけれど、そこそこ本格的な打ち上げ花火で、なにしろ近場なので音が大きい。数年前まではのほほんと眺めていたが昨年ちょっとした事件が起きた。

モイが花火の音にびっくりしてベッドの下に隠れその場で吐いてしまった。翌日まで引きずって体調が悪そう。当時の記事。めったに吐かないウニも何故かその翌日に吐いた。因果関係は分からないがウニも過敏症が出やすいデリケートな性格なのでなるべく音や光など刺激的なことは避けたい。
IMG_6029
というわけで、いろいろ考えた末、今年はこの花火の時間に合わせふたりを家から連れ出し避難することにした。花火が18時半から19時のあいだに上がることは実行委員に問い合わせて分かった。つまり18時過ぎに家を出て花火の音が聞こえないところまで移動し19時過ぎに帰ってくれば、少なくとも花火の音にビビることは回避できるだろう。1時間ほどのドライブだ。

1時間のドライブにちょうど都合のよい場所がある。当ブログをお読みの方はお気づきかもしれない、モイが通院している病院までは、ちょうど往復1時間だ。たまたま隔日モイに皮下注射している丸山ワクチンがなくなりかけていたのでもらってくれば効率もいい。

問題はモイは80回以上の通院で外出に多少慣れているが、ウニは1年前に3種混合ワクチンを打って以来の外出なので、かえってストレスがかかる可能性があるということ。ただどちらにせよ今年もワクチン接種の時期が近づいているし、もしも自然災害で避難勧告が出た場合は家族4人で家を出ざるをえない。そう、大袈裟でもなく、今日は避難訓練を兼ね実際に避難する日となった。

モイとウニをそれぞれ別々のキャリーケースに入れ、妻と一緒に車の後部座席へ。最初は何が起きているか分からないウニも車がエンジンをかけ動き出すと途端に不安な声で鳴き出した。ウニは通院時はいつもこうだし、生後2ヶ月で水戸から車でやって来た時も「車中ずっと鳴いてました」と保護団体の方から聞いた。
IMG_6009
モイはさすがに慣れたものですぐにキャリーから顔を出した。いつもと違うのは車窓から見る景色が暗いということ。そして何故かウニが横に居るということ。ウニはケースの中でこれ以上丸くなれないってほど丸く小さくなってまだモイがいることには気づいていない。
IMG_6032
病院へ着き、薬を処方してもらっているあいだ駐車場で待っていた3人。ウニも停車中は少し余裕が出てきたようで顔をだし、鳴き方も悲痛な小さい鳴き声から抗議しているようなちょっとドスのきいた鳴き声に変わってきた。モイがいることにも気づき「あ、お兄ちゃん!」とばかりにモイのキャリーケースへ強引に入ってしまい、窮屈だったこともありモイにシャーっと拒否された。仕方ない。このキャリーケースの中は通院時のモイの唯一安心できる小さなテリトリーなので、仕方ない。

いつか本当に長期避難しなくちゃいけないような日が来たら、、それまでに同じキャリーケースの中でも肩を寄せ合って助け合えるような関係性になってくれるといいのだけれど。
IMG_6035
帰路。車が動き出すとウニはまたニャーニャーと鳴き出した。そりゃそうだよねえ、ブーンというエンジン音が身体のすぐ下から聞こえてくるし、段差などで時折ドスンと揺れるし、景色は見たことのないような速さで流れていくし、家猫にとって動く車の中はこの世のものとは思えない状況なんだよね。
IMG_6037
うちへ帰ってきた。モイは大したことなかったよとすぐにご飯を食べだしたが、ウニは今現在も落ち着かない様子でずっとニャーニャー鳴いている。「もう外はヤだからね」と抗議しているようにも聞こえる。

モイの通院日と比べるとすれば、病院で何か処置されるわけではなく、ただ移動しただけなので僕自身の気持ちははるかに楽だった。ただ妻は両脇にモイとウニを抱えそれぞれを注意深く気遣っていたので相当疲れたようだ。それにモイがウニにシャーっと言ったことがショックだったみたい。

今日の避難訓練を兼ねた避難がふたりのためになったのかどうかはよく分からないけれど、少なくとも、我が家が安全な場所で、ここは落ち着く場所、ここに帰って来たらわがままし放題ってことにはなったのかなと思う。猫にとっては自分のテリトリーが安全に保たれていることこそが最重要といろんな猫本にも書いてある。
IMG_6050
次は来週月曜日、12月2日、モイ最後の免疫療法。この日をうまくやり過ごせるかが自分の中ではここ数年の一番の山場でもある。きっと大丈夫。がんばろうモイ。

ウニも今日の体験でお兄ちゃんの通院をより一層応援してくれますよウニ。

モイは今でも毎日サプリを飲み、摂取カロリーから尿や便の回数まで逐一チェックしているけれど、その分ウニにはどうしても十分に気がまわらない。時より過敏症になる以外は健康そうに見えるけれど、昨年の今頃より100g体重が軽くなっているのが少し気になる。気にしすぎ?
IMG_8082
ということでペットドックを受けることにした。選んだのはスタンダードコースというもので、以下のような内容。

身体一般検査(視診、聴診、触診)
尿検/便検査
血液検査(生化学検査を含む全身フルスクリーニング、SDMA)
レントゲン検査(胸部、腹部)
腹部エコー検査
IMG_8139
12月3日、半日の絶食をし午前中に病院へ行き、午後まで預けひと通り検査してもらう。この日は結果内容についてはまったく触れられず、外部発注の血液検査の結果が出るのを待って10日後以降にまとめてお話しますということだった。例えばモイのリンパ腫発覚時みたいによっぽど異常のあるエコー画像がモニターに写ったとしたら、その場合はすぐに言ってくれるだろうから、今日とくに何も言われないということは大きな問題はないってことだよな、と思っておくことにした。
IMG_8142
ペットドックのついでに昨年打った3種ワクチンの抗体がどの程度残っているかを調べてもらおうと、ワクチン抗体価検査用の採血もしてもらった。
IMG_8138
12月17日、結果を聞きに行く。

尿は健康な濃いオシッコ、便に寄生虫はおらず、血液検査もすべての項目が基準値内、レントゲン写真もとくに異常は見えず綺麗。撮影する時に抵抗したのだろう、細い骨が少しよじれて写っていたのがウニらしくて可愛かった。肝臓、胃、脾臓、膀胱、腎臓、胆嚢、副腎といろんな臓器のエコー画像と動画を見ながら詳しく説明してもらったがどこも問題はないそうだ。腎臓の構造(皮質、髄質)がはっきりしていて「若くて健康な腎臓の典型的な見え方」とのこと。モイの腎臓は綺麗とはいえリンパ腫を脱して修復される過程で線維化している分、少しぼやけて見えているということがウニの画像と比べて見て初めて分かった。

ウニの腎臓の値を示すSDMAは「13」だった。

一緒にやってもらった3種ワクチンの抗体価検査のうち、猫汎白血球減少症の抗体だけ512倍と十分に残っていたが、カリシウイルスとヘルペスウイルスの抗体がどちらも12倍と並で、長期のワクチン効果は望めないということだったので、近日中に改めて接種しにくることにした。
IMG_7323
12月23日、ウニの3種ワクチン(ピュアバックスRCP)接種

ワクチン接種によるリスクもゼロではないので少し高額な抗体価検査を2年続けて行ってみたけれど、昨年同様の結果で結局ワクチンを打つことになったので、来年からは素直に年1ペースでワクチン接種だけするのがウニの通院のストレスのことも考えるといいのかなと思った次第。
IMG_9309
寡黙なモイと違ってウニは感情が分かりやすい。検査前の半日絶食中、空腹をあからさまにアピールするし、病院への往路では、「いやだよ〜、行きたくないよ〜」みたいなトーンで鳴くし、病院ではびびって妻の背中によじ登るし、帰路はまだ家に戻っているという概念がないのか、じっとキャリーケースの中で丸くなっていて、帰ったら帰ったで、興奮が覚めないのか、抗議の意味なのか、聞いたことのないような唸り声をあげ玄関先でずっとウォンウォンと鳴き続けている。ペットドックの日ほどではなかったが昨日のワクチン接種後もそうだった。十猫十色で面白いな。
IMG_9249
なにはともあれ、ウニが健康でいてくれて本当によかった。



年末になると毎年ぎっしりになる領収書を入れる箱が今年は半分もたまっていない。それくらい消費活動をしなかった1年。たまに近所のスーパーに妻と買い出しに行くのが唯一の娯楽だった。酒断ちも継続中。セーブした仕事もあったし、自然と減ってしまった仕事もあるだろう。ジョン・レノンの70年代後期のようなハウスハズバンドぶりと自分なりに解釈。

「猫は経費」と知り合いミュージシャンが言っていたけど、創造の源になっているのは確かで、どれだけ猫に曲を書かせてもらっているだろうとは思う。もしモイの治療費を経費にしていいんだったら今年は赤字申告だよなあ。だけどもそういうわけにもいかないだろうし。ちなみに病院の領収書の束はまだ怖くて足し算できていない。

このブログは7月24日に開設した。それはモイが寛解する一週間前というタイミング。闘病が始まった今年1月からの半年間はインスタで報告していたので、一部加筆修正をしこちらに転載した。寛解した時、インスタではものすごくたくさんのお祝いコメントをいただき、「まだまだ通過点」と分かっていながらも素直に喜んでいた。そして、8月中旬にまさかの再燃兆候。ちょうど情報発信の場を切り替えようとしていた過渡期でもあったし、動揺もあって、当時インスタではそのことをしっかり報告できずじまいになってしまった。それからというもの、モイの病変はほとんど変らず維持しているけど、再寛解することはなく今日に至る。長期戦になり溜め息が出る日がまた増えてきた。

そんな時でも熱心にここにコメントを下さるみなさんにはとても感謝しています。やっぱり自分や家族だけで悩むより、いろんな方の意見を聞くことができるというのはとてつもない財産。モイが今年を完走できそうなのは応援してくれる方々との総力戦だったからだと思う。SNS療法と名付けたいくらい。病を公にすることで迷惑をかけていることもあると思うけど、黙っているより治療への可能性は絶対に広がったと思う。

それにしても今年は本当に思いがけない年になってしまった。今まで知らなかったことを沢山勉強した。モイのリンパ腫だけでなく、ウニが夏には知覚過敏症候群になり、そしてこの年末、モイが同じような状態になっている。光に驚いてからそろそろ3日半が経つが、未だにモイは何かに怯えたままベッドの下に身を潜めている時間が長い。とくに昨日は一日中リビングにほとんど来なかった。幸い今日は少しだけウニと追いかけっこをする姿をみることが出来る。でも、またふいに普段なら気にしていなかったような例えば車の音などを怖がって寝室に隠れる。がんばってきたモイの一年の締めくくりがこれかあ。


ウニは一年間よくモイ兄ちゃんのために尽くしてくれた。マイペースな面やモイを好き過ぎることで、ひとりっ子気質だったモイのストレスになっていることも少なからずあるとは思うけれど、調子が悪くうずくまっているモイにフリースを運んであげる献身さ、ウニが明るくしていることでモイに限らず家族がどれだけ救われたことか。そしてモイが少しでも元気になると、すぐに「遊ぼうよ」とばかりに覆いかぶさってプロレスの技をしかけるウニ。モイが元気な時はそこからケンカに発展したり、追いかけっこになったりする。 走ることでがんの進行を抑える可能性があるという記事を最近見つけた。ひょっとしらこれこそがモイが再寛解するための唯一の道だったりして。モイが健康になるためにはウニの存在が重要で、モイが完全にウニを受け入れた時がモイが完治する時というような気がしてならない。

なんだか取り留めのない一年の総括になってしまいましたが、来年も家族全員でがんばりますので、引き続きどうぞお付き合い下さい。一年間ありがとうございました。

モイと年を越せることへ感謝を。明日、元旦はモイが生まれて1000日目。

IMG_9298
ウニが知覚過敏症を発症してから19日。最近はほとんど治まってはいるが、5日に1回くらい軽く症状が出る。8/26深夜に1回、昨日9/1の夕方に1回。やはり尻尾を気にしだすことをきっかけに少し自分のお尻の辺りを舐めはじめ、猫じゃらしで気を散らしてあげるとそのまま治まる時もあれば、昨日はその後も少しだけ何かに怯えてキョロキョロするような行動が見られた。そして少しだけ左目の周りがいつものアレルギー(と思われる)が出て痒そうにしていた。

尿や便に問題はなく、体重もずっと4.2kg、症状が出る時以外はほぼ普通の状態なのですぐサプリをあげるのを忘れてしまうのだけど、しばらくは毎日かかさず与えた方がいいのかもしれないなあ。



8/24インスタ投稿のコピペ
ウニが知覚過敏症候群を発症して10日。ここ数日はほとんど治ってますが、ふとした時に尻尾が目にとまり、そのまま堪えられる時もあれば、クルクル回り出しお尻の辺りを軽く噛む時もある。初日のように興奮しすぎて開口呼吸になるようなことはなくなったので、サプリを1日1回ちゅ〜るに混ぜて舐めてもらい様子をみています。「ジルケーン」「レスキューレメディ」「ギャバロップ」のスペシャルブレンド。おいしそうに舐めてくれます。

IMG_0596
月曜の夜から水曜の朝にかけ分割して自宅投与した抗がん剤クロラムブシルの副作用が出ているのか、8日間治まっていた嘔吐が、この火曜、木曜、金曜と続いている。少し元気もない(ように見えてしまう)。

今後の治療計画として主治医から月曜に提案されたのは大きくは2つ。「3週間隔で抗がん剤投与し病巣を維持(共存?)していく方向か、2週間隔に詰めて再び寛解に持ち込み、その後休薬する方向か」。

7/24に投与したクロラムブシルで1週間後の7/31に寛解状態に持ち込んだが、そこから2週間後の8/14時点では再燃していた、という状況を受けての案だと思う。ただ再発した腫瘍は初回よりタチが悪いというイメージ(にわか頭でっかち情報)があるので、3週間隔では制御しきれるのか不安がつのる。

モイの体力さえしっかり立ち直ってくれるのなら2週間隔、もしくは別の道を探さなくてはいけないと思っているが、昨日今日の少しダルそうな様子を見ていると、これ以上もう辛い思いをさせたくないとも思う。

なにより1ヶ月も軟便(便の一部が必ず柔らかく日によって潜血があるよう)が続いてるのが一番心配。人間だって1ヶ月下痢が続いたら相当ツラいと思う。

それから昨夜から新たな心配ごとが。モイに限らず食事中に頭を振る猫はたくさんいると思うけれど、昨夜その振り方が少し激しくなった。しかも妙だ。


夜中のあいだに見守りカメラに写った食べ方。食べる前に首だけ振って食べていなかったりもしている。食器や餌が気に入らないのかと思い替えてみたが、手から直接おやつをあげた時も頭を激しく振っていたのでそうではなさそう。口内炎ができているのかなあ。耳が痒いのかな。

参考文献1
参考文献2

脳の何かでなければいいな。ひょっとしてひょっとすると、昨日ウニのストレス緩和になるかと思い着けたフェリウェイ(猫フェロモン製剤)が何か影響を及ぼしたのかもしれない。今日はフェリウェイはやめてみているが首振りも治まってきたようだ。原因究明のため引き続き注意深く観察したい。


昨日の夕方フェリウェイの側で仲良くくつろぐモイウニ。

ウニの知覚過敏症ですが、昨日は治まったかに見え、インスタではリアルタイムにそう報告していたのですが、昨日の深夜から今日にかけてはまた少し症状が出てしまってます。改めてまとめて報告します。

これは今日の日中の食事シーン。このくらいの振り方は普段からよくあった。


お盆が過ぎて症状が治まってくれたら「マルオ兄ちゃんが来てびっくりしてたのかも」と説明するつもりだったけど、そういうわけでもなかったようで、今朝で丸2日とちょい、ウニの身体を舐めては走り回る発作(とりあえずそう書いておく)は続いている。オシッコの量が少なくなっているのが(回数は3回/日ほどなのでほどほどだが)気になるので近医に連れて行った。

FullSizeRender 4
丁寧に触診してもらった範囲では異常は見つからず「痛みもなさそうですし、やはりストレス性のものでしょうね」とのこと。できる検査としては先ずは尿検査ということだったが、膀胱を触っても溜まってなさそうということで、改めて自宅で採尿して持っていくことにした。
FullSizeRender 4b
病院では怖がりな側面が如実になるウニ。帰宅したら「我が家は安心だわ」とばかり、云わばショック療法的に症状が治まってくれないかとも期待したが、帰宅早々また発作が出て窓辺へ避難するウニ。

IMG_0485
かまい過ぎてもよくないとネットで見たのでなるべくそっと見守っているつもりだけれど、うーん、東京は今日も雨模様。

ここはモイの闘病ブログとして開設しましたが、モイの大切な妹分ウニの様子が少し変なので、インスタにアップしたものをそのままこちらにもコピペしておきます。

ところで、ウニの様子が少しおかしいんです。14日の3時、僕らが寝ているベッドの足元ででゴゾゴゾ音がするなと思って目を覚ますと、ウニが自分の尻尾を追いかけてました。グルグルと回りながら。それから1時間ものあいだ、ずっと興奮して落ち着かない様子で、足元を中心に身体をペロペロと舐めては何かに怯えるように走り出し場所をかえては、また繰り返してました。映像は夜が明けた14日の朝とモイが病院から帰った夜のものを編集でつないでます。

ネットで調べると「知覚過敏症候群」が先ず引っかかりました。「常同障害」の一種だそうです。動物がストレスで檻の中をグルグル回り続けるのもこの一種のようです。心因性脱毛症、毛織物吸い行動および織物摂食行動、尾追いおよび尾かじり、知覚過敏症候群、と4つ書いてある症状、ウニはどれも少しずつ心あたりがあります。ソファを執拗にかじったりするのもそうだし、突然何かに怯えて走りだすことが前にもたまにありました。不思議に思ってましたが、これも伏線のひとつだったのかもしれません。

昨日の未明以来、今朝まで起きている時間の半分はずっとこの症状が出ている感じで興奮気味に走り回ってます。たまに息を切らしながら。てんかんにも似ている感じで人が変わった(猫が変わった)ように見えて心配です。なによりあんなに好きなモイにまったく無関心、気に留める余裕がないように見えるのが悲しい。

症状は突然起きたようにも思えますが、ずっと溜まっていたストレスかアレルギー性の何かが沸点を越えたような印象もあります。13日の夜に真空パック機のモーター音にすごく怯えていたのですが、それが引き金になったのかもしれません。
FullSizeRender 3
以前モイのストレス緩和のために買っていたジルケーンというサプリを舐めさせると少しの時間だけ落ち着くようです。またウッドブラインドの奥の窓際に行くと落ち着くのか昨日から興奮しては自分でそそくさとここへ駆け込んで休んでます。

昨日、モイの先生にも相談したのですが、やはり「知覚過敏」という言葉が出てました。ひどくなったらMRIで検査したり抗うつ剤を打ったりするようですが、今はジルケーンでしばらく様子をみるのがいいのではないか、とのことでした。

なかなか晴れ間の見えないお盆になっている近藤家。

15/08/2017 01:18:10 pm


「胸が張り裂けそうなほどに愛しい」って、本当に心臓のあたりが痛むのなあ。
#ウニのウニウニ (←タグ作った!)攻撃にモイもモイのモイモイで応戦。こんな光景が見られるのもモイが元気だから。

明日の通院でモイはまた少し弱ってしまうかもしれないので、またしばらくの間このふたりの楽しそうな時間を奪ってしまうのかと思うと本当にツライ。やるせない。早く完全に元気になってツライ日々を終わりにしようね、モイ!

↑このページのトップヘ